iphone 11 models

iPhone11/Pro/Pro Maxの各種類の違いを比較!

2019年にリリースされたiPhone11シリーズは、無印モデルのほかiPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxの3種類があり、それぞれのモデルは何が違うのか気になる人もいるでしょう。数世代前の型落ちモデルですが、iPhone11シリーズは最低限のスペックがあり安く買い替えができるメリットがあります。そこで、こちらのページではiPhone11の各種類について、サイズなど基本的なスペックの違いや選び方、買うべきモデルについて解説します!

iPhone11とPro・Pro Maxに関する各種類の概要

2019年9月20日、アップルはiPhone11シリーズをリリースしました 。前世代であるiPhone XRとXS・XS Max)と比べて、A13 Bionicチップのプロセッサで処理速度が向上されているほか、カメラも超広角レンズの追加やナイトモードなど改善されている点があります。

2023年リリースのiPhone15シリーズと比較すると性能面では差はありますが、広角カメラと超広角カメラのデュアルカメラシステムや、無印モデルで定番のサイズになっている6.1インチのディスプレイなど、iPhone11でも使いやすい性能・スペックが確認できます。

iPhone12モデル以降では、下位モデル2種類と上位モデル(Proシリーズ)2種類のラインナップが定番となっていますが、iPhone11では以下の通り3種類のモデルとなります。

詳しくは以下で解説しますが、価格のほかサイズやカメラのスペックによって自分に合った機種を選ぶといいでしょう。

iPhone11/Pro/Pro Maxのスペック一覧・各種類の比較

はじめに、iPhone11シリーズについて基本的なスペックや各モデルの種類について比較するポイントを解説します。端末の大きさやディスプレイサイズ、重さが各モデルで異なるので、好みに応じて選び方が変わります。

iPhone11シリーズのスペック一覧

iPhone11シリーズに関するスペックの概要は以下表の通りです。性能面ではストレージ容量やバッテリーの持ち、カメラで差があるほか、カラーバリエーションも無印モデルとProシリーズで異なります。

特徴

iPhone11

iPhone11 Pro

iPhone11 Pro Max

画面

6.1インチ:1,792×828ピクセル

5.8インチ:2,436×1,125ピクセル

6.5インチ:2,688×1,242ピクセル

端末サイズ

150.9mm × 75.7mm × 8.3mm