which-iphone-15-to-choose

iPhone15の種類の違い・比較【買うべきモデルは?】

2024年5月21日に更新済み

2023年にリリースされたiPhone15シリーズは、プロセッサのアップグレードや高性能なカメラ・ディスプレイなどが評価されていますが、下位モデルのiPhone15とiPhone15 Plus、上位モデルのiPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxの4種類について、どれを選ぶべきが分からない人もいるでしょう。iPhone15の各種類・モデルの違いや比較をこちらのページで解説しますので、自分に合った機種を探してみてはいかがでしょうか。

iPhone15シリーズの特徴と概要・種類

iPhone15の各モデルについて、基本的な情報や種類の概要から解説します。性能のほか画面(ディスプレイ)のサイズなど、各機種によって異なります。

iPhone15シリーズの発売日・リリース日はいつ?

2023年9月、アップルは前世代のiPhoneであるiPhone14シリーズから約1年後にiPhone15を発表しました。2023年9月13日にiPhone15に関する発表があり、同年の9月15日に予約開始、および9月22日に発売されました。

iPhone15の発表(Apple Event)では、iPhone14シリーズと比べたアップグレードや価格などが注目されました。円安などの影響もあり、iPhone15シリーズは特に価格帯が高く無印モデルでも10〜15万円が一般的になりましたが、下位モデルのアップデートなどもありiPhoneの買い替えではiPhone15も選択肢に入るでしょう。

iPhone15シリーズの4つのモデル・種類について

iPhone14シリーズと同様、iPhone15には4種類のモデルがあります。無印モデルとPlusモデル、ProモデルとPro Maxモデルがあり、それぞれ以下のような特徴があります。各モデルでレビュー解説ページがあるので、気になる方はあわせてご参考ください。

モデルの種類(レビュー関連ページ)

概要と特徴

iPhone15のレビュー

6.1インチの画面サイズでベーシックモデルに位置付けられる下位モデルの機種

iPhone15 Plusのレビュー

iPhone15と比べて画面サイズが6.7インチと大きく、バッテリー性能・持続時間も良い

iPhone15 Proのレビュー

望遠レンズを含めたトリプルカメラシステムなど、より高機能な上位モデルの機種

iPhone15 Pro Maxのレビュー

iPhone15 Proと比べて画面サイズの大きさ(6.7インチ)やバッテリー性能のほか、カメラ性能も改善

iPhone12・iPhone13シリーズでは6.7インチのPlusモデルがなかった代わりに、5.4インチのコンパクトなminiシリーズがリリースされていました。iPhoneに限らず最近のスマートフォンでは動画撮影やオンラインゲームなどの用途が広がり、大画面の端末がより需要がある印象です。

👉iPhoneの無印モデルとmini・Plus・Pro・Pro Max・SEシリーズを比較!

iPhone15の各種類・モデルの詳細やスペックの特徴について、以下で詳しく解説します。

iPhone15シリーズのスペック・性能比較

iPhone15の4種類のモデルに関して、基本的な性能を以下でまとめました。バッテリーの持続時間やカラーラインナップなど、気になるスペックについて比較してみましょう。

 

iPhone15

iPhone15 Plus

iPhone15 Pro

iPhone15 Pro Max

ディスプレイサイズ・リフレッシュノート

6.1インチ・最大60Hz

6.1インチ・最大60Hz

6.1インチ・最大120Hz

6.7インチ・最大120Hz

解像度

2556 x 1179 (460 ppi)

2796 x 1290 (460 ppi)

2556 x 1179 (460 ppi)

2796 x 1290 (460 ppi)

メモリ(RAM)

6 GB

6 GB

8 GB

8 GB

ストレージ容量

128/256/512 GB

128/256/512 GB

128/256/512GB/1TB

256/512GB/1TB

プロセッサ

A16 Bionic

A16 Bionic

A17 Pro

A17 Pro

カメラ

広角カメラ:4,800万画素 超広角カメラ:1,200万画素

広角カメラ:4,800万画素 超広角カメラ:1,200万画素

広角カメラ:4,800万画素

超広角カメラ:1,200万画素

望遠カメラ:1,200万画素

広角カメラ:4,800万画素

超広角カメラ:1,200万画素

望遠カメラ:1,200万画素

バッテリー性能

3349mAh(動画再生時間目安:20時間)

4325mAh(動画再生時間目安:26時間)

3274mAh(動画再生時間目安:23時間)

4441mAh(動画再生時間目安:29時間)

ボディ素材

アルミニウム(背面:カラーインフューズドガラス)

アルミニウム(背面:カラーインフューズドガラス)

チタニウム(背面:テクスチャードマットガラス)

チタニウム(背面:テクスチャードマットガラス)

カラー

ブラック・ピンク・イエロー・グリーン・ブルー

ブラック・ピンク・イエロー・グリーン・ブルー

ブラックチタニウム・ホワイトチタニウム・ブルーチタニウム・ナチュラルチタニウム

ブラックチタニウム・ホワイトチタニウム・ブルーチタニウム・ナチュラルチタニウム

iPhone15のモデル種類ごとの価格比較

iPhone15は2024年3月現在、Apple Storeなどから新品での購入が可能ですが価格は高めになっています。iPhone14とiPhone15の比較でも解説していますが、購入予算が限られているユーザーは型落ちモデルも検討するといいでしょう。

iPhone15シリーズの新品価格・ストレージ容量について

iPhone15の新品価格は以下表の通りで、各モデルの価格については関連記事でも詳しく解説しています。

価格比較

iPhone15の価格

iPhone15 Plusの価格

iPhone15 Proの価格

iPhone15 Pro Maxの価格

128GB

124,800円

139,800円

159,800円

-

256GB

139,800円

154,800円

174,800円

189,800円

512GB

169,800円

184,800円

204,800円

219,800円

1TB

-

-

234,800円

249,800円

ストレージ容量によって価格が異なりますが、下位モデルのiPhone15でも10万円以上の価格帯になり、iPhone15のストレージ容量をユーザー自身の需要にあわせて選択することが重要になります。

iPhoneを安く買うなら型落ちモデルのリファービッシュ品もおすすめ

もしiPhoneの新規購入、または買い替えの予算で10万円以下を想定している場合には、iPhone14のリファービッシュ品など型落ちモデルで安く買う方法も検討してみてはいかがでしょうか。

型落ちモデルの方がリファービッシュ済端末の品揃えが良く、新品よりも安価にご購入いただけます。iPhone14シリーズのほか、5万円前後で安く手に入るおすすめのiPhone人気機種も比較してみるといいでしょう。以下でもご紹介していますがiPhone15の新機能・スペックも魅力的ですが、そこまで高い性能がなくても問題ない方は数世代前のiPhoneモデルがコストパフォーマンス的に良い選択となります。

iPhone15シリーズの新機能・アップデート詳細

新しいiPhone15について最も気になることの一つとして、前モデルのiPhone14とどう違うのか...新機能やアップデートは具体的に何があるのか、という点があります。

デザインではダイナミックアイランドの搭載・軽量化などメリットが多い

大枠的なデザインの変更は特に見られませんが、iPhone15シリーズでは下位モデルと上位モデル、それぞれで魅力的なアップデートがありました。下位モデルに関しては従来のノッチが廃止されて、ダイナミックアイランドが搭載されました。画面上部(パンチホール)にアプリの通知や音楽の再生など、便利な確認・操作ができるようになります。

上位モデルにも大きな変更点があり、iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxのフレームがアルミニウム製からチタン製になったことが挙げられます。iPhone14 Proシリーズと比べて20gほど軽くなったほか、強度も上がりました。

iPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxにアクションボタンを搭載

Proシリーズに関して、iPhone15ではアクションボタンの新機能も追加されています。本体の側面にあったミュートボタンがアクションボタンに変更され、音量だけでなくカメラなどアプリの起動や録音の開始など、ショートカット的な使い方ができるようになりました。

下位モデルにはアクションボタンはないので、以下でも解説していますカメラの性能を重視しているユーザーにとって、iPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxにする価値が高いでしょう。カメラの起動もアクションボタンでより簡単になります。

ケーブルと接続性(USB-Cコネクタの採用)

充電ケーブルの標準化についてEUの新たな要件もあり、iPhone15シリーズではApple独自のLightningケーブル・コネクタは使用されなくなりました。代わりに、より汎用的なUSB-Cコネクタに対応しました。

USB-CケーブルでiPhone15のほか、iPadやMacBookなど一通りのApple製品を充電できるようになります。これまで、iPhoneのためにLightningケーブルを別途用意するのが面倒に感じていたAppleユーザーにとって嬉しいポイントです。

また、上位モデルに対応しているUSB 3はLightningよりも高速であるため、iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxモデルではデータ転送がより早くなります。具体的には下位モデルのUSB 2と比較して20倍ほどの速さ(最大で10Gbps)になり、大容量のデータ転送も便利です。

usb-c-charging-iphone-15

プロセッサ(A16 Bionic・A17 Proに対応)

iPhone14シリーズではA15 BionicおよびA16 Bionicチップセットが採用されていました、iPhone15シリーズでは下位モデルにA16 Bionic、上位モデルにA17 Proチップが導入されています。

これまでiPhone14 Proシリーズで使われていたA16チップが、iPhone15・iPhone15 Plusに導入されたことで下位モデルでも処理速度の速さで評価されます。動画視聴やSNSの閲覧など基本的な用途であれば、下位モデルのプロセッサ性能で問題ないでしょう。

ただ、動画編集にこだわったりA17 ProチップのiPhone15 Proシリーズ限定の3Dゲームをプレイしたい場合には、上位モデルが優先されます。

iPhone15のカメラ性能|下位モデルと上位モデルの違い

iPhone15のカメラについて、各モデルの比較では下位モデルと上位モデルでスペックに分かれます。さらに、iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxでも光学ズーム性能などが異なり、詳細は以下の通りです。

カメラ性能の比較

iPhone15・iPhone15 Plus

iPhone15 Pro

iPhone15 Pro Max

カメラの数

デュアルカメラ

トリプルカメラ

トリプルカメラ

メインカメラの画素数

4,800万画素

4,800万画素

4,800万画素

メインカメラの性能

センサーシフトの光学式手ぶれ補正

第2世代センサーシフト:光学式手ぶれ補正

第2世代センサーシフト:光学式手ぶれ補正

望遠カメラの性能

-

照射距離:77mm

照射距離:120mm (テトラプリズムレンズの搭載)

動画撮影の機能

-

Log撮影 空間ビデオ撮影 最大4K・60fpsのProResなど

Log撮影 空間ビデオ撮影 最大4K・60fpsのProResなど

光学ズーム性能

2倍

3倍

5倍

デジタルズーム性能

最大10倍

最大15倍

最大25倍

詳しくはiPhone15のカメラ性能解説ページで確認できますが、モデルの種類に応じたカメラ性能の違いでは望遠カメラの有無や性能、ズームのスペックが主な比較ポイントになります。

iPhone14シリーズのカメラスペックと比較して、下位モデルのiPhone15・iPhone15 Plusもメインカメラが1,200万画素から4,800万画素にアップして、デュアルカメラでも高性能な撮影が可能となりました。

ただ、これまでのiPhoneシリーズと同様に望遠カメラは上位モデル限定になるため、ズーム性能など幅広い風景シーンの撮影がしたいならPro・Pro Maxがおすすめです。また、Proシリーズでは動画撮影に関する追加機能も多く、プロ仕様の動画を作りたいユーザーは優先度が上がるでしょう。

また、iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxでも望遠レンズの性能に差があり、テトラプリズムレンズを搭載しているiPhone15 Pro Maxは最大5倍の光学ズームが使えます。購入価格は高くなりますが、カメラスペックを重視しているユーザーにとってiPhone15 Pro Maxを買う価値はあるでしょう。

iPhone15シリーズの各種類の利用メリット・比較

iPhone15シリーズの性能や新機能・スペックなどを踏まえて、各モデルの種類やメリットを個別に解説します。

iPhone15モデルの特徴・比較

無印モデルのiPhone15は、前モデルと同じアルミニウムフレームを採用していますが、背面ガラスがマットな質感になり、iPhone15のカラーバリエーションもパステルカラーを基調としたラインナップになっています。耐衝撃で役立つカバーはあると良いですが、手に持ったフィット感が好評で、ピンクやイエローなど個性的な色を好むユーザーにとってカバーなしで使う選択肢もあるでしょう。

上記で説明した通り、iPhone15シリーズの下位モデルでも4,800万画素のメインカメラを搭載しているのは大きなメリットで、ダイナミックアイランドの搭載などディスプレイ面でのアップデートもあります。より高価なiPhone15 ProやPro Maxを購入しなくても、機能面で満足するユーザーは多いのではないでしょうか。

また、最小ストレージ容量は128GBでメモリ(RAM)は6GB、最も安価なバージョンでもアプリや写真、ビデオ、音楽用のストレージ容量は充分にあります。iPhone15のストレージ容量でも解説していますが、iCloudなど外部ストレージも活用すれば128GBや256GBなど少ない容量でも問題ないでしょう。

iPhone15 Plusモデルの特徴・比較

iPhone15 Plusは無印モデルと比較して、ディスプレイサイズと重量、バッテリー性能の差があるだけで他のスペックは同じです。6.7インチのディスプレイサイズに、動画再生時間で最大26時間持続するバッテリーの性能が評価されるポイントです。

動画視聴やオンラインゲームで適したサイズ感ですが、片手で持つのが難しくiPhone15の重量(171g)と比べて30g重いため、ユーザーの好みに応じて無印モデルと比べてどちらが良いか選択するといいでしょう。

iPhone15 Proモデルの特徴・比較

iPhone15 Proは下位モデルと比較してカメラ性能などが向上しているほか、前モデルのiPhone14 Proモデルと比べて改善が見られます。その一つとして、フレームがアルミニウムではなくチタン製になったことで20gほど軽くなり、傷やへこみに対する耐性が向上しています。カメラスペックでもズーム性能や動画撮影に関する機能が追加されており、下位モデルにはないアクションボタンも便利です。

Phone15 Proはよりパワフルで効率的なプロセッサ(A17 Pro)を搭載し、最大1TBの内部ストレージと8GBのRAMによって、3Dゲームや動画撮影・ダウンロードなど様々な用途に対応します。

iPhone15 Pro Maxモデルの特徴・比較

iPhone15 Pro Maxでは、シリーズ内でも最高品質のカメラ性能やバッテリー持続時間、6.7インチの大型ディスプレイなどスペック面での魅力があるものの、価格の高さがネックになります。大半のユーザーにとってオーバースペックに感じるので、カメラやゲームなどの需要・ニーズがある方に限り検討するべきモデルとなります。

基本的にiPhone15 Proと同じスペックですが、iPhone15 Pro Maxで利用できる内部ストレージの最小容量は256GBになります。128GBが選択できないため、なるべく安いPro Maxを探している場合にはiPhone14 Pro Maxの型落ちモデルも比較してみてはいかがでしょうか。

iPhone15シリーズではどの種類・モデルを選ぶべき?

iPhone15の各種類を一通り解説しましたが、どのモデルを購入するべきか参考になる情報を最後にまとめました。iPhoneに求めるスペックや用途のほか、コストパフォーマンスを求めるなら型落ちモデルの検討が重要なポイントです。

👉iPhone15とiPhone14シリーズの違いを詳しく解説!

選び方や基準にこだわりがないユーザーはiPhone15

ベーシックモデルのiPhone15はシリーズ内でも価格が最も安いメリットがあるほか、下位モデルでも充分な性能と魅力があります。

  • カメラ性能は低くても問題なく、ダイナミックアイランドなど新機能を使いたい

  • USB-C対応のコネクタに利便性の高さを感じる

  • ピンクなど個性的なカラーを選択したい

など、無印モデルでも満足できるユーザーはiPhone15の購入がおすすめです。下位モデルではカラーバリエーションも多く、気に入った色を選べます。

👉iPhone15モデルのレビュー・評価ページ

バッテリー性能の高さや大画面を重視するならiPhone15 Plus

iPhone15 Plusは下位モデルでありながら、Proモデルよりもバッテリー持続時間が長く、6.7インチの大きなディスプレイサイズをメリットに感じるユーザーもいるでしょう。

  • 外出先でゲームや動画視聴をする機会が多い

  • オンラインゲームが好きで画面が多い方が良い

  • モバイルバッテリーの持ち運びが手間

といった傾向がある場合にはiPhone15 Plusがおすすめで、コンパクトなスマホよりも大画面で動画視聴やゲームを楽しめるiPhoneで適しています。

👉iPhone15 Plusのレビュー・評価ページ

写真や動画撮影で活用したいならiPhone15 Pro

iPhone15 Proは、プライベートだけでなくビジネスシーンでも写真・動画撮影を多用するユーザーにおすすめです。望遠カメラを含むトリプルカメラシステムや、USB 3対応によるデータ転送の速さなど、使いやすい点が多くあります。

iPhone15 Pro Maxとの比較では、価格を安くしたい場合や6.1インチのディスプレイサイズが好みという点でiPhone15 Proが優先されます。Proシリーズでは望遠カメラ・バッテリー以外の性能は基本的に同じで、利便性の高いアクションボタンや常時表示ディスプレイなども使えます。

👉iPhone15 Proのレビュー・評価ページ

オンラインゲームやカメラを多用するならiPhone15 Pro Max

動画撮影のほかソーシャルゲーム・オンラインゲームの用途に、6.7インチの大画面でバッテリー容量も大きいiPohne15 Pro Maxが適しています。動画再生時間で最大29時間のバッテリー持ちはシリーズ内で最も良く、外出先の利用でおすすめです。

👉iPhone15 Pro Maxのレビュー・評価ページ

ただ、iPhone15シリーズでは新品だと15〜20万円の価格帯がメインになり、高額であることから購入が難しいと感じる人もいるでしょう。2024年以降の新シリーズ登場に伴う値下げまで待つ選択肢もありますが、いますぐ高機能なiPhoneを買いたいのであればリファービッシュ品もおすすめです。

Back Market(バックマーケット)で販売しているリファービッシュ品(整備済製品)は、iPhone14シリーズなど過去のモデルを中心に安く販売しており、新品と同等の動作が確認された上で出荷しているので品質面でも安心です。1年間の動作保証と30日間の返金保証も付いており、お気軽にご購入いただけます!

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno
Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

関連する記事