iphone 11 models

iPhone11の中古SIMフリーを安く買う方法と注意点を解説!

2019年にリリースされたiPhone11は、人気のiPhoneXRの正統後続モデルとして注目されました。現在、後継機種として様々なiPhoneシリーズが発売されていますが、中古のSIMフリー端末でiPhone11を購入したいと考えている人もいるでしょう。高価な最新iPhoneモデルほどの機能は不要で、お手頃な価格で買えるiPhone11の中古SIMフリーは人気のスマートフォンです。こちらのページではiPhone11の基本的な性能や、中古SIMフリー端末として利用するメリット、中古iPhone11を購入するおすすめの場所など詳しく解説します!

iPhone11の中古品・SIMフリー端末が人気な理由とは?

iPhone11の中古SIMフリーについてスペックを解説する前に、古いiPhoneモデルでありながら現在も人気の機種になっている理由をはじめにご紹介します。安いだけでなく、iPhone11は最低限の性能が備わっているのでライトユーザーや2台持ちの運用でおすすめです。

比較的最近のiPhoneモデルの新品は特に高価

最近のiPhoneモデルは円安などの影響もあり、ストレージ容量の少ないベーシックモデルでも10万円以上かかります。

2023年にリリースされたiPhone15モデルの価格は、一番安いベーシックモデルでも​​124,800円〜の価格帯になります。さらに高いモデルのiPhone15 Pro Maxは189,800円〜と、より高額になり経済的な懸念から気軽に乗り換えできないデメリットがよくあります。

iPhoneユーザーによって用途が異なり、Webブラウザでの閲覧や動画視聴など基本的な使い方であれば、最新モデルでなくても中古の型落ちモデルで性能が足りているため、安い中古iPhoneを検討する傾向になっています。

iPhone11モデルは中古品だと安くSIMでお得に利用できる

iPhone11モデルでは新品の定価だと約6万円程度ですが、中古品や整備品で買えば4万円以下でも購入できます。お手頃な価格帯で買いやすいメリットがあるほか、SIMフリー端末であれば格安SIMでの利用が可能です。

大手キャリアとは異なる通信事業者が提供する、低価格のSIMカードで運用できるメリットがあります。現在、他のiPhoneやAndroidなどのスマートフォンを格安SIMで利用しているユーザーも、SIMフリーのiPhone11であればスムーズに乗り換えができるほか、毎月の通信費用を安く抑えられるでしょう。

👉参考:スマートフォンの基本的な用語集

古いモデ