iPhone SE 2020

iPhone SE 第2世代はいつまで使えるか解説【今から購入するメリットは?】

2020年にリリースされた第2世代のiPhone SEは特に人気のiPhoneシリーズで、バックマーケットで販売しているリファービッシュ品でもiPhone SE(第2世代)は2023年の売上No.1になっています。そのため、今現在iPhone SE(第2世代)を利用しているユーザーだけでなく、これから購入検討したい人も多いでしょう。そこで、第2世代のiPhone SEがサポート的にいつまで使えるかという情報や、性能面での購入メリットなど詳しく解説します!

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno

iPhone SE 第2世代はいつまで使える?|目安では2026〜2027年まで

iPhone SEはApple社が提供する、ミドルレンジモデルのスマートフォンです。「Special Edition」の略であるSEは特別版という立ち位置で、iPhoneの旧モデルのパーツを利用して低価格で提供しており、2016年に第1世代、2020年に第2世代がリリースされました。

その後、2022年には第3世代のiPhone SEも登場しましたが、安く高品質のiPhoneというコストパフォーマンスに優れた評価から、いまだに第2世代のiPhone SEは人気です。ただ、リリースされてから3年以上経過していることもあり、いつまで使えるかどうかが気になるポイントです。

iPhone SE(第2世代)のサポート状況

第2世代のiPhone SEは2023年12月現在、OSのアップデートに対応しており最新のiOSバージョンでお使いいただけます。また、iPhone SE(第2世代)は2022年3月に販売終了しましたが、販売終了から5年間は修理サポートの対象となります。

  • OSサポート:最新のiOS 17.2に対応

  • 修理サポート:2027年3月頃まで対応

*参考:iOS 17に対応しているiPhoneのモデル

iPhoneがいつまで使えるかという基準は、OSのアップデート対象になることとAppleの修理サポート対象の2点が重要なポイントになるでしょう。

iPhoneサポート終了の目安:販売開始から6年ほど

現状は第2世代のiPhone SEを問題なく使える環境ですが、OSサポートおよび修理サポートの終了予定時期から推測すると2027年頃まで使えることが分かります。

OSサポートは他のiPhoneシリーズのiOSバージョンアップ期間から考えると、発売して6〜7年が一つの目安となります。2020年4月にリリースされたiPhone SE(第2世代)は、2027年までならOSのバージョンアップ対象となりそうです。

そのため2024年頃にiPhone SE(第2世代)を購入する場合も、2〜3年は継続して使えることが予測されます。以下でも第2世代のiPhone SEに関する性能を紹介していますが、一般的なスマートフォンの用途であればこれから数年先でも問題なく使えるモデルで、今からでも購入する価値はあるでしょう。

第1世代のiPhone SEは2023年9月で修理サポートの対象外

ちなみに第1世代のiPhone SEは2018年に販売終了しており、2023年9月にはAppleのサポートからも対象外となりました。

OSのアップデートもされなくなり、iOS16以降は非対応となります。OSのバージョンアップができないことで、アプリの更新ができず不具合が起きたり正常に機能が使えないといったリスクが考えられます。

そのため、第1世代のiPhone SEをずっと使っているユーザーは、第2世代・または第3世代のiPhone SEに乗り換えることが推奨されます。

iPhone SE 第2世代の基本的な性能・スペック

第2世代のiPhone SEはまだまだサポート対象で使えることが分かりましたが、スペック・性能の情報も見ていきましょう。iPhone SEは廉価版と認識されがちですが、Apple製品自体が高スペックであるため幅広い用途に対応します。

👉iPhone 8シリーズと第2世代のiPhone SEを比較!

iPhone SE(第2世代)に関するスペック一覧

第2世代のiPhone SEについて、基本的なスペックは以下の通りです。

iPhone SE 第2世代のスペック

詳細

リリース年

2020年4月

ストレージ容量

64GB・128GB・256GB

重量

148g

ディスプレイサイズ

4.7インチ

端末の寸法・サイズ

138.4mm × 67.3mm × 7.3mm

プロセッサ(チップ)

A13 Bionic

メモリ

3GB

生体認証

Touch ID

バッテリー容量

1,821mAh(ビデオ再生時間目安:13時間)

5G

非対応

タッチ決済(FeliCa)

対応

iPhone SE(第2世代)の性能で高評価なポイント

2020年モデルと多少古いですが、第2世代のiPhoneは基本的な機能を搭載しており、日常生活で役立つようなスペックが確認されています。

  • 最低限のスペックがあるプロセッサ:A13チップ(iPhone11と同等)

  • IP67の防水・防塵性能(雨の時や水回りでも安心して使える)

  • 電子マネー対応(FeliCaを搭載)

  • eSIM対応

  • ホームボタン対応

型落ちiPhoneと言っても、第2世代のiPhone SEは最低限の性能がありWebサイトの閲覧やソーシャルゲームの利用なら問題なく使えます。また、第2世代のiPhone SEはTouch ID(指紋認証)に対応しており、ホームボタンも搭載しています。

iPhone SE(第2世代)の性能で気になるポイント

一方で、iPhone SE(第2世代)の性能に関して劣る点もあり、iPhoneを多用するユーザーにとって物足りないスペックに感じるでしょう。

  • 画面サイズが4.7インチと小さく感じる

  • バッテリー容量が少なめ

  • 5Gに非対応

  • カメラの性能が高くない(広角カメラのみ)

iPhoneの機能で注目される部分としてカメラがありますが、第2世代のiPhone SEはシングルカメラ(広角カメラ)だけで、超広角カメラや望遠カメラには対応していません。最近のiPhoneシリーズで搭載しているナイトモード、人物以外を対象にしたポートレートも対応しておらず、夜景の写真や動画ではあまりキレイに撮れないことが伺えます。

また、コンパクトタイプのスマホということもあり、バッテリー持続時間が13時間(ビデオ再生時間目安)と短く、モバイルバッテリーがないと外出先での利用で不安に感じるかもしれません。5Gも非対応なので、高速通信で運用したいユーザーには向いていません。

そのため、小さいスマホ画面に抵抗があったり外出先でのスマホ利用頻度が多いユーザーは、最近のiPhoneシリーズも比較してみるといいでしょう。2022年にリリースされたiPhone14は、動画再生時間で最大20時間持続するバッテリー性能があり、カメラのスペックも大幅に向上しています。

👉iPhone14とiPhone13の違い・比較を解説!

iPhone SE(第2世代)の価格目安|リファービッシュ品は2万円前後

iPhone SE(第2世代)はリリース当時の価格で44,800円と、新品でもかなり安くコストパフォーマンスに優れています。現在は販売停止しているモデルであるため、リファービッシュ品、または中古品で購入することになります。

中古品では品質保証がないケースや、赤ロムなどのリスクも想定されているため、新品と同等の動作が確認されているリファービッシュ品(整備済製品)を選ぶといいでしょう。バックマーケットで販売しているリファービッシュ品のiPhone SE(第2世代)で、2023年12月時点の価格を確認すると以下の通りです。

  • 64GB:20,000円〜

  • 128GB:23,000円〜

  • 256GB:27,000円〜

ストレージ容量が大きい128GBや256GBのモデルでも、リファービッシュ品なら2万円台で購入可能です。以下でもiPhone SE(第2世代)が人気である理由を取り上げていますが、ある程度のスペックがあるスマホでこれだけ安いのは他の機種にはなく、価格的にかなりの優位性があるでしょう。