Is the iPhone X still a good phone?

iPhone Xはいつまで使える?iOS17の対象外・サポート状況など解説!

iPhone Xは2017年にリリースされた機種で、現在も利用しているユーザーもいるでしょう。また、中古品やリファービッシュ品では安く、買い替えでiPhone Xを検討している方もいますが、いつまで使えるモデルか気になるところですよね。iOSのアップデート対応や修理サポートなどの状況から、iPhone Xはいつまで使えるか解説するほか、iPhone Xに代わるおすすめのiPhone機種などもご紹介します!

iPhone Xの基本スペック・性能概要

iPhone Xはいつまで使えるかを解説する前に、基本的なスペックや性能について見ていきます。

2017年11月にリリースされたiPhone Xは他のモデルとは異なる特徴・傾向があり、翌年には後継機種のiPhone XSやiPhone XRもリリースされたため、2018年9月にはApple公式からの販売が終了となりました。

iPhone Xの基本スペック一覧

iPhone Xの基本的なスペック・性能は以下表の通りです。前シリーズのiPhone 8と比べると画面サイズは5.8と大きくなっていますが、性能面では似ている部分が多いです。

基本スペック

iPhone X

チップ(プロセッサ)

A11 Bionic

ディスプレイ

5.8インチ:Super Retina XDディスプレイ

解像度

2436 x 1125

サイズ・寸法

70.9mm x 143.6mm x 7.7mm

重量

174g

アウトカメラ

広角カメラ:1,200万画素/ F1.8(28mm)

望遠カメラ:1,200万画素 / F2.4(57mm)

インカメラ

700万画素 / F2.2

メモリ(RAM)

3GB

ストレージ容量

64/128 GB

バッテリー容量

2,716mAh(動画再生時間目安:最大13時間)

生体認証

Face ID(顔認証)

電子決済

FeliCa対応

リファービッシュ品の価格目安(2024年1月時点)

25,000円〜

iPhone Xの特徴

iPhone Xの特徴を説明すると、ホームボタンのあった過去モデルのデザインから現在のiPhoneのフルディスプレイに切り替わるタイミングで生まれた機種です。

2017年11月にリリースされて、後継機種(iPhone XR・XS)が発売されるタイミングの2018年9月にすぐ販売終了されたため人気・知名度こそ控え目ですが、現在のiPhoneのベースへと続く転換点となっています。

  • 初めてFace ID(顔認証)を導入した機種(フルディスプレイ採用)

  • 現在のiPhoneデザインのベースとなっている

  • ホームボタンを廃止

最近のiPhoneシリーズでは当たり前になっているFace ID(顔認証)は、iPhone Xからの導入となりました。iPhone Xの前モデルであるiPhone 8は、ホームボタンのあるTouch ID(指紋認証)が使われています。

iPhone Xの性能はiPhone 8と似ている

iPhone8・iPhone 8 Plusも、iPhone Xと同年(2017年)の9月に発売されたモデルですが、同じA11チップを導入していたり、カメラ性能はiPhone 8 PlusとiPhone Xで近いなど共通点も多いです。

iPhone 8のほかiPhone SEシリーズはより人気のある機種で、iPhone Xと似たような性能でホームボタンによる指紋認証が使えたり、コンパクトで扱いやすく好みだというユーザーも多いです。ホームボタンのある指紋認証ならiPhone 8、フルディスプレイの大画面で顔認証を優先するならiPhone Xといった比較ができます。

ただ、iPhone Xも共通することですがiPhone 8はiOSのアップデート対象外になるなど、2024年以降の使用では不安が残るため、買い替えが推奨される機種になります。

👉iPhone 8はいつまで使える?iOSのサポート終了などを解説!