Why buy a used & refurbished iPhone XR

iPhone XRはいつまで使える?iOSアプデやサポート終了・買い替えの時期を解説!

iPhone XRは2018年にリリースされたモデルで、現在でもメイン端末で使っているユーザーもいるでしょう。ただ、古くなった機種なのでiPhone XRはいつまで使えるか気になるポイントです。iOSのアップデートサポートや修理サポートなどの状況から、iPhone XRがいつまで使えるかを確認した上で、後継機種に買い替えするタイミングなどを知っておくといいでしょう。

iPhone XRの基本性能・スペック

はじめに、iPhone XRに関する基本的なスペックから解説します。2018年10月にリリースされたiPhone XRは、2017年11月リリースのiPhone Xと2018年9月リリースのiPhone XSと近い性能になっています。

iPhone XRのスペック一覧

iPhone XRのスペック一覧について、以下表でまとめました。最新のiPhoneシリーズの無印シリーズと同じ6.1インチで、2019年に登場するiPhone11以降のナンバリングモデルも同様に無印モデルのディスプレイは6.1インチで統一されています。

基本性能

iPhone XR

チップ(プロセッサ)

A12 Bionic

ディスプレイ

6.1インチ:Liquid Retina HDディスプレイ(液晶)

解像度

1792 x 828

サイズ・寸法

75.7mm x 150.9mm x 8.3mm

重量

194g

アウトカメラ

広角カメラ:1,200万画素/ F1.8

インカメラ

700万画素 / F2.2

メモリ(RAM)

3GB

ストレージ容量

64/128/256 GB

バッテリー容量

2,942mAh(動画再生時間目安:最大16時間)

生体認証

Face ID(顔認証)

電子決済

FeliCa対応

リファービッシュ品の価格目安

23,000円〜

iPhone X・iPhone XSと比較してiPhone XRで追加された機能

iPhone Xシリーズでまとめると3種類(iPhone X・XSシリーズ・XR)に分かれますが、最後に登場したiPhone XRは以下のような追加機能・改善点があります。

  • デュアルSIM対応(nanoSIM+eSIM)

  • バッテリー性能の向上(動画再生時間:最大16時間)

  • Liquid Retina ディスプレイ(コストパフォーマンス重視の性能)

一方でiPhone XRでグレードダウンになった機能もあり、iPhone XSよりも防水性能が劣ったり、望遠カメラのないシングルカメラであることなどデメリットも確認されます。そのため、性能の需要や優先度に応じてiPhone XやXSシリーズと比較することが求められます。

ただ、iPhone XはiPhone XS・XRより古いモデルであるため、2023年にはiOSのアップデート対象となっています。2024年以降の継続利用を考えると、iPhone Xはそこまで推奨されないのが実情です。

👉iPhone Xはいつまで使える?サポート期間などを解説

iPhone XRの特徴・おすすめのユーザー

iPhone Xの各シリーズについて、メリットとなる点やおすすめするユーザーの傾向をまとめると以下の通りです。

  • iPhone X:5.8インチの小ささ・軽いスマホを好む方におすすめ

  • iPhone XS:カメラ機能を重視・6.5インチの大型ディスプレイを好む方におすすめ

  • iPhone XR:バッテリー性能を重視・安い中古品や整備品を購入したい方におすすめ

iPhone XRは順番的には一番新しい機種になりますが、値段は比較的安くバックマーケットで販売しているリファービッシュ品では2万円前後でも購入ができます。ディスプレイも最近のiPhoneモデルではスタンダードになっている大画面の6.1インチで、様々な用途に対応できる良さもあります。