Buying-guide-iphone-13-vs-12-vs-11

iPhone11/12/13シリーズの違いを比較!よりおすすめできるシリーズは?

2023年10月30日に更新済み

iPhone 11と12、13シリーズについて、いわゆる型落ちモデルとなりますが、どれがよりコスパが良く機能面で優れているか悩むユーザーもいるでしょう。 ただ、私たちバックマーケットでは実際に11/12/13シリーズの違いや特徴を調べてみたところ、各シリーズの比較・購入の決断はそれほど難しいものではないと感じました。要点をおさえておけば、自分に合ったiPhoneシリーズを見つけられるはずです!

iPhone11/12/13各シリーズをテストした上で検討・比較のポイントを紹介!

iPhone13は2021年に発売されましたが、アップグレードする価値はあるのでしょうか? 実際にどれだけ変わったのでしょうか? といったユーザーからよくある質問をまず解消しなければなりませんね🤔

私たちバックマーケットでは、iPhone 13、iPhone 12、iPhone 11の3つのスマートフォンを見て、各ユーザーの購入のためのヒントを与えるために調べてみました。個人のユースケースに応じて、最適なオプションが異なります。また、バックマーケットの強みとしている再生品である整備済のiPhoneを使えば、お金を節約するだけでなく環境を保護することもできます。

iPhone11/12/13シリーズの比較表まとめ

iPhone 11

iPhone 12

iPhone 13

12 MPデュアルカメラ(広角+超広角)

12 MPデュアルカメラ(広角+超広角)

12 MPデュアルカメラ(広角+超広角)

6.1インチ LCDディスプレイ

6.1インチ OLEDスクリーン

6.1インチ OLEDスクリーン

解像度:1,792 x 828ピクセル、326 ppi

解像度:2532 x 1170ピクセル、460 ppi

解像度:2532 x 1170ピクセル、460 ppi

バッテリー:3,110mAh

バッテリー:2,815mAh

バッテリー:3,227mAh

A13 Bionic SoC (max. 2.66GHz)

A14 Bionic SoC (max. 2.66GHz)

A15 Bionic SoC (max. 2.99GHz)

4GB RAM

4GB RAM

4GB RAM

ストレージ:64, 128 and 256 GB

ストレージ:128, 256 and 512 GB

ストレージ:128, 256 and 512 GB

5G未対応

5G

5G

👉参考:わからない用語は「スマホ用語集」をご参照ください。

Six iPhones displaying Geekbench Scores on screen

iPhone 13の詳細スペック・iPhone12/11との比較

ここからは技術的な詳細に直接入るので、少しマニアックになります。今回比較する対象で最も新しいiPhone13の詳細スペックを基準に、iPhone12と11を比較してみましょう。

iPhone13の特徴:iPhone 13の最新のイノベーションと言えるポイントとして、アップルの統合A15 Bionicチップがあります。これはSoC(システムオンチップ)であり、前モデルと同じように、すべての重要なコンポーネントが配置されています。

👉iPhone 13のレビューとスペックガイド

iPhone13とiPhone12の違いは、日常的に扱うチップの領域では実はごくわずかです。最新モデルではSoCが少し効率的に設計されているため、消費電力がより節約されています。そのため、iPhone13の方がバッテリーの持ちが向上しています。一方、iPhone 11に搭載されているアップルA13バイオニックは、性能面で少し遅れをとっています。

しかし、より強力なプロセッサはバッテリーの持続時間数だけでなく、iPhoneの取り扱いの他の部分にも影響します。例えば、アップグレードされたチップにより、iPhone 13 Proでは前世代ではできなかったシネマティックモードでの撮影が可能となっております。

👉iPhone 13シリーズのスペックを比較検証

🔋 IPhone13/12/11 各性能のまとめ:

  • アップルA15バイオニック vs A14バイオニック vs A13バイオニックとチップのスペックが異なる

  • 3つともGPUとNPUが統合

  • iPhone 13はiPhone 11より機能面で強力

  • iPhone 13はiPhone 12よりも電力効率が高い

3つのiPhoneの詳細については、関連記事もご覧ください:

👉 iPhone 11とiPhone 12の比較

👉 iPhone12とiPhone13の比較

iPhone11/12/13各シリーズの共通点は?

  • 60Hzが標準のままです(非Proバージョンの場合) iPhone 12とiPhone 13のディスプレイで、大きな違いはありません。どちらも同じ解像度(2532 x 1170ピクセル:460ppi)で、有機ELディスプレイを搭載しています。さらに、iPhone 13 Proでは他のプランがあり10-120Hzに自動的に変化しますが、13では60Hzのリフレッシュレートが維持されています。 iPhone 11では、液晶ディスプレイが採用され、解像度は1792 x 828ピクセル、326ppiとなっています。

  • カメラの類似点は? iPhone13とiPhone12、iPhone11では、ワイドレンズとウルトラワイドレンズを含むデュアルカメラで写真を撮ることが可能です。どのモデルも12MPの写真が撮れますが、絞りが異なります。詳しくは以下で説明している違いのセクションをご覧ください。 重要なのはメガピクセルだけでなく、プロセッサーと連動し、より優れた画像処理を保証するソフトウェアもあります。ソフトウェアの改善により、新しいiPhoneが出るたびに少なくとも以前より画質が向上しているでしょう。

  • 3つのiPhoneのサイズ iPhone13とiPhone12、iPhone11はすべて6.1インチで、基本的にまったく同じサイズです。

  • iPhone13のストレージ容量は? iPhone13の内蔵ストレージは128GBと256GB、512GBのいずれかを選択できます。補足をしますとiPhone13シリーズから、アップルでは標準モデルに128GBが搭載されることになりました。iPhone 11とiPhone 12はベースバージョンで64GBで販売されていますが、iPhone13が発売された2021年以降では物足りない容量だと感じるユーザーも多いでしょう。

  • iPhone11とiPhone12、iPhone13に顔認証は搭載されていますか? はい。3モデル全てを対象に、フロントカメラを使って顔認証でロックを解除できます。

👉お買い得商品を見つけましょう。 最安値の整備済iPhone 12があなたを待っています!

iPhone11/12/13各シリーズの違いは?

  • カメラの違い カメラの絞りで違いがあり、広角レンズの絞りが iPhone 11 の f/1.8 から iPhone 12 では f/1.6 に変更されました。これは、より多くの光がレンズに入ることを意味します。具体的には特に暗い場所で、iPhone12の方がより良い写真を撮影できます。ただし、iPhone 12からiPhone 13へのカメラに関する変更はありません。

  • バッテリー性能 iPhone11/12/13で最も顕著な変化はバッテリーの性能にあります。iPhone 12ではバッテリー容量が2,815 mAhしかなかったのに対し、iPhone 13では3,227 mAhに向上しました。これは、新しいA15 Bionicプロセッサーによる影響であり、iPhone13の方が数時間ほどバッテリー容量的に持続されることを意味します。 ただし中古のiPhone 12と比べると、iPhone13では予備バッテリーの代金は大幅に高くなります。そのため、本当に何時間もバッテリー駆動時間が伸びた方が良いのか、それとも平均以上のバッテリー性能を維持したまま費用をおさえて購入するべきか、ユーザーが重視する度合いによって検討する必要があるでしょう。

iPhone11/12/13の各デザインの比較と違い

iPhone 11とiPhone 12の比較では、多くのアップルファンを興奮させたデザイン変更が見られました。iPhone12では角が丸くなった代わりに、長年のiPhoneファンであれば覚えているであろうiPhone 5 を思い出させるような角張ったデザインを新たに採用しました。

しかし、次世代のiPhone13ではデザインの違いはそれほど劇的なものではありません。実際、iPhone 13はデザイン面だけ言えばiPhone 12のほぼコピーで、わずかな違いは背面レンズの配置です。そのためインターネット上では、この変更が本当に必要だったのか、それともデザインに少なくとも1つの違いを持たせるために行われただけなのかなど、多くのiPhoneユーザーが疑問を投げかけ、時にはミームを作って楽しんでいました。

iPhone11/12/13の各モデルの色を比較

これまでの説明では機能や技術的な比較が中心でしたので、専門的な情報で困惑してしまうユーザーもいるでしょう。

そこで、もっと分かりやすい観点から各iPhoneモデルを比較してみます。重要な判断基準として、iPhoneの3モデルにはどんな色の選択肢があるのかを見ていきます。

iPhone 11のカラー

iPhone 12のカラー

iPhone 13のカラー

ブラック、ホワイト、パープル、レッド、イエロー、グリーン

ブラック、ホワイト、レッド、グリーン、ブルー

ブルー、ローズ、(Product)レッド、ブラック

White iPhone 12 standing up

バックマーケットの正直な見解をお伝えしますと、実物を見るとどの色もとてもよく見えます。個人的には普段は白が好きではないのですが、iPhone 12とiPhone 13のマットな仕上げ・色合いが気に入っています。

iPhone 13のカラーバリエーションでグリーンがなくなったのは、割と残念に感じます...

👉iPhone13シリーズのカラーラインナップを一通りレビュー!

カラフルなアクセントが好きな人は、iPhone 11の安価な整備済製品を検討してみるのもいいでしょう。iPhone11ではグリーンのほか、パープルやイエローなどエキサイティングなカラーバリエーションから選択できます。

古いiPhone 11を買う価値はまだある?

今回比較するiPhoneモデルではiPhone 11が最も古く、2019年にリリースされました。ただし、iPhone11は時代遅れというわけではなく、むしろ今後10年間の消費者の需要を満たすように設計されたデバイスだと言えます。その理由が分かるポイント、機能面を以下でまとめました。

➕ iPhone11の購入メリット

  • アップルのA13 Bionicチップ(CPU、GPU、NPU)の最大クロック速度は2.66GHzで、現在でもその性能を維持しています。

  • 光学式手ぶれ補正と視野角120度の13ミリ超広角カメラを備えたカメラは、優秀なスペックだと言えます。

  • 低照度撮影用のナイトモード搭載

  • 豊富なカラーバリエーション:ブラック、ホワイト、パープル、レッド、イエロー、グリーン

  • 価格的な優位性:iPhone 11の価格は現在バックマーケットで約37,000円です。

iPhone11の購入デメリット

  • OLEDディスプレイではなくLCDディスプレイを搭載

  • 5G非搭載

  • 望遠レンズ非搭載

一部の機能的なデメリットはありますが、パワフルで手頃な価格のスマートフォンをiPhoneで探している人にとっては、iPhone 11は間違いなく満足できるでしょう。

👉iPhone 11のスペック解説:Simフリーをお得に買う方法は?

iPhone11/12/13の選ぶポイント・比較まとめ

iPhone 11とiPhone 12、iPhone 13が型落ちモデルとはいえ、時代遅れではありません。私たちバックマーケットの比較・検証による結論では、iPhone 13はアップルからの革命的なアップデートではなく、iPhone11/12シリーズでも機能面など多くを欠くことなく安心して乗り換えることができます。特にiPhone 12は、後継機と比較しても決して見劣りしない非常に優れたパフォーマンスで印象付けています。

さて、あなたはどちらを選びますか?👀  比較検討の軸で価格を重視しているのであれば、整備済製品のメリットもぜひ知っておくべきです!

👉リファービッシュ品(中古整備済品)と中古の違いは?

Back Market employee fixing an iPhone

整備済製品のiPhone11/12/13も購入できる?

中古のiPhoneを購入することで、お金を大幅に節約することができます。ただ、中古=質の悪い端末というイメージもあるでしょう。そこで、最高品質であるiPhone整備品を検討してみてはいかがでしょうか

バックマーケットの約1000のパートナーワークショップでは、中古iPhoneを包括的に再生しています。そのため、必ずしも新品のiPhone 13を手に入れる必要はありません。また、iPhone 11の整備済製品をより安く手に入れることもできます。

バックマーケットではリファービッシュ品(整備済製品)を取り扱っており、アップルで購入するよりも安く手に入れることができます。整備済iPhoneの正確な価格は、スマートフォンの実際の状態によって異なります。さらに、デバイスが完璧に機能することを24ヶ月間保証します。この記事で紹介したiPhone11/12/13モデル以外にも、バックマーケットでは格安のiPhone情報をご確認いただけます。

👉iPhone13の価格をチェックする!

提携修理店による保証のほか、追加保証も選択可能です。また整備済iPhoneを購入することで、地球上の電子ゴミを減らし、資源を節約することにもつながります。

モデル的に古いiPhone 11を買う価値はある?

そこまで機能が充実しておらず、手頃な価格の携帯電話を探している人にとって、iPhone 11は間違いなく満足の行くモデルだと言えます。

iPhoneの整備品はおすすめできる?

バックマーケットで提供している整備済製品を購入することで費用を大幅に節約でき、加えて最高品質のiPhoneを手に入れることができます。私たちの約1000のパートナーワークショップでは、中古のスマートフォンをトータルで再生しています。そのため、必ずしも新品のiPhone 13を手に入れる必要はなく、整備済みのiPhone 12やiPhone 11を手に入れることもできます。

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno
Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

関連する記事