リファービッシュ品による環境へのメリット

リファービッシュ品が地球に優しい事実を調査結果・科学的なデータから解説

2023年11月27日更新

リファービッシュ品が地球環境に良い影響をもたらす科学的な証拠とは?

私たちがBack Marketを立ち上げた時、リファービッシュされたハイテク製品が新品よりも環境に良いことは感じていました。ですが、具体的にどのような改善が見込まれるかまでは当初、明確ではありませんでした。それでも、リファービッシュ品が環境に与える影響をデータに基づいて正しく理解することが、私たちのミッションの鍵になると感じていました。

そこで私たちはADEME(フランス環境エネルギー管理庁)に、リファービッシュ品業界が環境に与える影響を独自に調査してほしいと依頼しました。これはBack Marketだけの問題ではなく、世界的に重要な問題です。このため、ADEMEはリファービッシュされたハイテク製品が環境に与える影響について史上最大規模の調査を行うことを決定しました(Back Marketはこの調査に一切の資金援助をしていません)。

リファービッシュ品の環境影響における調査概要

 2020年にADEMEは調査を開始し、2022年1月にスマートフォンを中心とするリファービッシュ品が環境に与える影響についての予備データを公表しました。その結論は明快でした。リファービッシュされたスマートフォンは新品と比べて、環境に与える影響を著しく削減できるのです。

👉本記事で紹介する環境影響の調査に関するポイント

  • 新品とリファービッシュ品、それぞれのデバイスで比較

  • CO2の排出量・原材料や水の使用量・電子廃棄物の生成量から影響の度合いを計測

  • どの部品生産・交換で環境の影響度合いが大きくなるか?

現在、ADEMEの報告書の全文が公開されており、コンピュータやタブレット、デスクトップパソコン、スマートフォンを中心に、リファービッシュされたハイテク製品が持つグローバルな影響の全体像を把握できます。なお、この調査にはモニターやキーボード、マウスの分析は含まれていません。

先に調査結果の概要からご紹介しますと、以下のデータは新品と比べたリファービッシュ品の影響減少率を示しています。平均して約90%以上の環境影響がリファービッシュ品では削減されていることが分かります。

本調査結果の詳細や調査基準など、以下で詳しく解説します。環境に与える調査に関して、以下の3点が重要になるでしょう。

  • 調査に関する方法論(新品とデバイス、どの工程で評価される要素があるか?)

  • 影響度合いを示す指標(具体的に何が削減されることで評価されるか?)

  • デバイス使用のシ