iPhone14 vs iPhone13

iPhone14とiPhone13の違いを詳しく比較!【買うべきモデルは?】

iPhone14とiPhone13は比較対象でよく挙げられるモデルで、それぞれの違いが気になる人も多いでしょう。iPhone14とiPhone13では共通している部分も多い一方で、カメラなどの性能が異なるため、iPhoneの用途によってそれぞれおすすめするユーザーが異なります。こちらのページでは、iPhone14と13の性能や特徴など、違いを詳しく比較しますのでぜひご参考ください。

iPhone14とiPhone13の違い・性能の比較概要

はじめに、iPhone14とiPhone13の違いやそれぞれのスペックについて概要からご説明します。価格のほか、性能面で異なる点や比較的共通しているポイントもあります。

iPhone14とiPhone13の性能・スペック一覧

以下はiPhone14とiPhone13、それぞれベーシックモデルで基本的なスペックを比較しました。

性能比較

iPhone14のレビュー

iPhone13のレビュー

リリース日

2022年9月16日

2021年9月24日

発売価格

119,800円〜

107,800円〜

整備品価格(2023年12月現在)

93,985円〜

78,500円〜

画面サイズ

6.1インチ

6.1インチ

端末サイズ

71.5mm x 146.7mm x 7.8mm

71.5mm x 146.7mm x 7.65mm

重量

172g

173g

カメラ性能

デュアルカメラ:約1,200万画素(広角)+約1,200万画素(超広角)

インカメラ:約1,200万画素※TrueDepth・オートフォーカス機能を追加

デュアルカメラ:約1,200万画素(広角)+約1,200万画素(超広角)

インカメラ:約1,200万画素

プロセッサ(CPU)

A15 Bionic

A15 Bionic

メモリ(RAM)

6GB

4GB

バッテリー容量

3,279 mAh

3,227mAh

ストレージ容量

128GB・256GB・512GB

128GB・256GB・512GB

カラーラインナップ

スターライト・ミッドナイト・ブルー・(PRODUCT)RED・パープル・イエロー

スターライト・ミッドナイト・ブルー・(PRODUCT)RED・ピンク・グリーン

生体認証

Face ID

Face ID

iPhone14とiPhone13で共通するポイント・変わらない性能は?

カメラ性能やバッテリー、プロセッサなどの基本的なスペックについて詳しくは以下でも解説しますが、iPhone14とiPhone13では似通っている点も多いです。具体的には以下の項目において、iPhone13からiPhone14へのアップグレードで変わらない点となります。

  • 端末の大きさ(画面インチは同じ6.1インチで、iPhone14の方がわずかに厚いだけで他の寸法は同じ)

  • プロセッサ・CPUの基本性能(同じA15チップ)

  • ストレージ容量(128GB・256GB・512GB)

  • カメラ性能(ベーシックモデルの性能はそこまで変わりなし)

iPhone14 Proシリーズになるとプロセッサの性能やカメラのスペックが向上しますが、ベーシックモデルでは共通している点が多いです。スペックを重視しているユーザーは、Proシリーズの性能も比較してみるといいでしょう。

👉iPhone14 Proシリーズについて詳しく解説!

iPhone14とiPhone13をカメラ性能で比較

iPhoneシリーズのアップグレードでは、写真や動画の撮影において品質がどれだけ向上するのかが特に注目されるポイントです。iPhone14シリーズで追加された性能のほか、より高性能なPro・Pro Maxで優れているポイントをご紹介します。

iPhone14シリーズで追加された性能

iPhone 14 Pro

iPhone14のカメラの新機能・性能でもご紹介していますが、iPhone13からのアップグレードで以下の改善がされました。

  • インカメラにオートフォーカス機能の追加

  • シネマティックモード(4K対応)

  • アクションモードの追加

iPhone14ではインカメラを使った自撮りやビデオ通話などの用途で、オートフォーカス機能により精度が向上します。また、動画撮影ではアクションモードで手ブレ補正など、激しく動く動画でも滑らかな映像を撮影しやすくなります。

ただ、フロントカメラの画素数はiPhone13と同じく1,200万画素で、カメラをそこまで本格的に利用しないユーザーにとってiPhone14のカメラ性能はそこまで向上していないと感じるでしょう。

iPhone14 Proシリーズは画素数など高品質

カメラ機能にこだわる場合には、iPhone14 ProやiPhone14 Pro Macのモデルを選択するのが望ましいです。以下の通り、Proシリーズでは画素数など大幅に改善されています。

  • フロントカメラ:4,800万画素

  • iPhone 13 Proシリーズと比べて2倍の低照度改善

  • iPhone 13 Proシリーズより65%大きいクアッドピクセルセンサー

センサーの精度も上がり、ベーシックモデルのiPhone14よりも高画質の写真や動画を撮影できます。よりクオリティの高い動画を撮影したり、ビジネスシーンでのクリエイティブな作業にもiPhone14 Proシリーズのカメラを活用できるでしょう。

iPhone14とiPhone13を大きさ・画面サイズで比較

iPhone14とiPhone13について、ディスプレイのサイズや大きさで比較していきます。ベーシックモデルではほぼ違いがありませんが、他のモデルが異なる点やiPhoneケースの互換性で注意点があります。

ベーシックモデルでは厚さ以外の寸法が同じ

ベーシックモデルのiPhone14とiPhoneは同じ6.1インチのディスプレイで、71.5mm x 146.7mmと寸法も同一です。厚さだけが変わり、iPhone14の方が7.8mmと0.15mmだけ厚くなりました。

ほぼ誤差程度の違いで、重さもiPhone14の方が1gだけ軽いためiPhone13ユーザーがアップグレードした場合には気づかないレベルです。

ただ、iPhone13シリーズとの比較ではminiモデルで違いがあり、iPhone13 miniの5.4インチがiPhone14ではなくなり、代わりに6.7インチの大型ディスプレイモデルであるiPhone14 Plusが登場しました。

スペックがそこまで必要なく、ディスプレイの大きなiPhoneが欲しい場合にはiPhone14 Plusモデルがおすすめです。

👉参考:iPhone無印モデル・Mini・Pro・Pro Max・SEの比較

注意点:iPhone14とiPhone13のケースに互換性はない?

ベーシックモデルのiPhone14はiPhone13とサイズ・寸法がほぼ同じなので、端末を保護するケースも共有できるのでは?と思うユーザーもいるでしょう。

ケースを販売しているメーカーにもよりますが、iPhone14用のケースであればiPhone13の端末でも使えることが多いです。ただし、iPhone14ではカメラ部分の厚みが増しているため、iPhone13用のケースだと入らない可能性が高いです。

また、ProシリーズではiPhone14の横幅が若干小さく、縦幅が大きいほかカメラやボタンの位置も異なるためiPhone14 ProとiPhone13 Proでケースの互換性はありません。

ディスプレイサイズが同じでも、カメラの厚みやボタンの位置によってケースが共用できないケースが多いため、基本的にはiPhone14用・iPhone13用それぞれのケースを使うのが望ましいです。

iPhone14とiPhone13をデザイン・カラーで比較

iPhoneユーザーにとって端末のデザインやカラーも気になるポイントです。ベーシックモデルのデザインにはそれほど差はないですが、カラーラインナップで新色の追加・変更があります。

デザイン面ではProシリーズで多少変更

上記でも説明した通り、ベーシックモデルのiPhone14とiPhone13では寸法・ディスプレイサイズが同じなため、デザインに関しても違いは基本的にありません。カメラの凹凸や厚みは多少差があるものの、あまり変わりないです。

ただ、iPhone14 Proシリーズではノッチがなくなった代わりに、ディスプレイ上部にはパンチホールがあります。結果的にはディスプレイの表示