Apple-watch-series-5-vs-6

Apple Watch Series 5と6の違い・比較を解説!【機能面でのメリットは?】

2019年モデルのApple Watch Series 5と、2020年モデルのApple Watch Series 6で何が違うのか、どちらを選ぶべきか気になる人もいるでしょう。結論から言えば、Apple Watch 6では血中酸素濃度や心拍数の計測など、健康管理で役立つ機能が増えているほかバッテリー性能も向上しています。ただ、Apple Watch 5もそこまで機能面で変わらず、価格重視のユーザーにおすすめです。こちらのページでApple Watch 5と6を詳しく比較しますので、ぜひご参考ください!

Apple Watch Series 5と6の比較・選定基準

あなたが自分のパフォーマンスをデジタルで測定するのが好きなアスリートであったり、単にハイテク製品が好きでスマートウォッチを探している人など、様々な目的や需要に応じるのがアップルウォッチです。

ただ、アップルウォッチにはいくつかのモデルがあり、特にApple Watch 5とApple Watch 6は近い機種なのでよく比較されます。

Apple Watch 5と6のどちらが良いかを検討・比較するポイント

詳しくは以下でApple Watch 5と6の違い・比較について解説していますが、どちらが自分に合っているモデルかを選ぶ際に重要になるポイントを最初に確認しておきましょう。

  • 価格の違い:Apple Watch 5と6は1万円ほどの価格差

  • 性能に関する違い:Apple Watch 6ではヘルスケア関連の機能が追加

  • 操作性などの違い:Apple Watch 6では処理速度が20%向上

シンプルな考え方・比較をするなら、1万円ほどのコストを追加して健康管理機能や操作性の向上を求める価値があるかどうか? という要点になります。正直なところApple Watch 5から6のアップデートで大きな変化はありませんが、血中酸素濃度の計測など欲しい機能がある場合にはApple Watch 6がおすすめです。

自分に合った機能・用途でアップルウォッチを選ぶ

Apple Watch Seriesは2024年1月現在、最新モデルではApple Watch 9までリリースされていますが、各モデルにおいて機能が若干異なります。

予算に余裕があればもちろん、新しいアップルウォッチモデルが良いですが使わない機能が多いとオーバースペックになり、コストパフォーマンスで満足できないケースもあります。そのため、自分がアップルウォッチで何をしたいか、どのような機能が必須かといった基準で選定することをおすすめします。

また、より高性能なアップルウォッチを検討しているユーザーは、ディスプレイの大きさやヘルスケアで役立つ機能が追加されている、Apple Watch Series 7や8もおすすめです。詳しくはApple Watch 6と7の比較、またはApple Watch 7と8の違いなどを関連記事で解説しています。

最新のアップルウォッチモデルバージョンは確かに性能面で優れていますが、価格を考慮すると数世代前の型落ちモデルも人気です。私たちバックマーケットでは各モデルの比較情報をご紹介しているほか、安価なリファービッシュ品のアップルウォッチも販売していますので、気になるモデルがありましたらぜひご参考ください。