iphone vs android

iPhoneとAndroidの違い・買うならどっちがいい?【特徴や性能を比較!】

2024年6月9日に更新済み

iPhone(アイフォン)とAndroid(アンドロイド)はそれぞれ異なるメーカー・OSが搭載されたスマートフォンで、デザインや性能のほか価格帯などが異なります。スマホの新規購入や買い替えで、iPhoneとAndroidのどっちがいいか悩む方も多いでしょう。そこで、iPhoneとAndroidスマホの特徴やメリット・デメリットなどを解説した上で、それぞれのスマホでおすすめするユーザーの傾向などをご紹介します。

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno

iPhone(アイフォン)とAndroid(アンドロイド)に関する基本的な知識

はじめに、iPhoneとAndroidの基本的な違いについて概要を説明します。OSに関する違いなどを解説しており、関連記事でもスマホ・モバイル機器の用語集についてまとめています。

iPhone(アイフォン)はApple社が開発・販売しているスマートフォン

iPhoneは、Apple社が開発・販売しているスマートフォンのシリーズモデル名で、iOSという独自のオペレーティングシステム(OS)を搭載しています。初代iPhoneは2007年に発売されて以来、毎年新しいモデルがリリースされています。

iPhoneはシンプルで直感的なユーザーインターフェース、高品質なハードウェア、そしてAppleのエコシステムとのシームレスな統合・連携が特徴的です。機種のバリエーションも多く、無印モデルのほか上位機種であるPro・Pro Maxモデルや、廉価版で人気のSEシリーズもあり、詳しくは歴代iPhoneの種類・比較ページでご確認いただけます。

👉iPhone/mini/SE/Pro/Pro Maxの違いを徹底解説!

Android(アンドロイド)はiPhone以外のスマホに搭載されているOS

Androidは、Googleが開発したオープンソースのオペレーティングシステムを意味します。iPhone以外の多くのスマートフォンに搭載されているAndroidはカスタマイズ性が高く、様々なメーカーのデバイスで使用されています。

Androidは正確にはOS名なので、Androidが搭載されたスマートフォンのことを「Androidスマホ」などと呼ぶのが正しいですが、Androidという言葉だけでスマホデバイスを示すことが一般的になっています。

Back Market(バックマーケット)で販売しているリファービッシュ済のAndroidスマホでは、Google PixelやSamsungのGalaxyシリーズ、SonyのXperiaシリーズなどがあります。Google社よりAndroid OSを提供された各メーカーは、新モデルの開発でコストダウンを実現できるほか、独自のUIでカスタマイズ・差別化がされています。

日本国内のスマホユーザーではiPhoneの方が多い

世界全体でのスマホシェア率で見ると、Androidスマホの割合が7割ほどでiPhoneは3割程度と少ないですが、日本国内のスマホユーザーではiPhoneの方が割合が高いです。

gs.statcounter.comによる統計データを参考にすると2024年5月時点で、iPhone(iOS)のシェア率が60.16%で、Androidスマホは39.61%を占めています。また、バックマーケットより実施したアンケート結果でも、iPhoneの割合が53.1%と多いことが分かります。

また、以下でも詳しく解説していますがiPhoneは10〜20代の若いユーザーでのシェア率が高く、Appleのブランド力や信頼性の高さが影響しているほか、主要な携帯キャリアがiPhoneを積極的に販売していることも要因として挙げられます。

iPhoneとAndroidの違い【特徴や性能面での比較】

iPhoneとAndroidの具体的な違いについて、特徴やスペックに関する比較を詳しく見ていきます。最近のiPhoneシリーズは全体的に高いことで知られていますが、デザイン性の高さや操作性の良さなどもあり、iPhoneを好むユーザーが多いですね。

iPhoneとAndroidのデザインを比較

デザインに関しては個人によって好みが分かれますが、シンプルで洗練された外観であるiPhoneは多くのユーザーに支持されています。iPhoneはApple社が一貫してデザインと製造を行っており、統一感のある美しいデザインが特徴です。

最新モデルのiPhone15シリーズでは、エッジの丸みを帯びたデザインや高品質な素材が使用されており、手に馴染む感触が特徴です。また、カラーもiPhoneシリーズによってバリエーションが異なりますが、iPhone15のカラーラインナップではピンクやブルーなどのパステル彩色が好評です。

対してAndroidのスマートフォンは複数のメーカーが製造しているため、デザインの多様性が大きな特徴です。SamsungやSony、Googleなどのメーカーがそれぞれ独自のデザインを採用しており、ユーザーは自分の好みに合ったデバイスを選ぶことができます。

例えば、SamsungのGalaxyシリーズは曲面ディスプレイや高級感のある素材を使用しており、GoogleのPixelシリーズはシンプルで機能的なデザインが特徴です。最近ではiPhoneのデザインに寄せたAndroidスマホも増えてきましたが、個性的なデザインを好むならAndroidの方が選択肢が多いでしょう。

iPhoneとAndroidのカメラ性能を比較

iPhoneのカメラは、Pro・Pro Maxモデルで高い評価を受けています。iPhone14 Pro・Pro Maxのカメラでは48MPのメインセンサーを搭載し、ProRAWやProResビデオ録画などの高度な機能を提供しています。

また、iPhone15 Pro・Pro Maxのカメラでは光学式の手ぶれ補正やポートレートモードが強化されており、5倍の光学ズームイン(10倍の光学ズームレンジ)が使えるなど、iPhoneシリーズ内ではかなりのハイスペックです。詳しくはカメラ性能別のiPhoneランキングでも解説しています。

👉参考:iPhoneのカメラで綺麗に撮る設定方法

ただ、iPhone ProシリーズよりもAndroidスマホの方がカメラ性能が高く、カメラ性能においても多様性があり、特に高解像度のセンサーを搭載したモデルが多いです。例えば、Samsung Galaxy S23 Ultraは200MP(2億画素)のセンサーを搭載しており、光学10倍ズームと最大100倍のデジタルズームに対応しています。

また、Galaxy S22モデルのほかGoogle Pixel 8のカメラは50MPのセンサーを持っており、低照度環境での撮影やデジタルズーム時の画質保持が優れています。Androidスマホでは性能の幅が広くiPhoneよりも画質の悪いカメラも多くありますが、より高性能なカメラでの写真・動画撮影にこだわるなら最新のAndroidスマホもおすすめです。

iPhoneとAndroidの操作性・使い勝手を比較

操作性や使い勝手の良さについても比較をすると、iPhoneとAndroidスマホの両方で魅力があります。iPhoneは独自のオペレーティングシステム(iOS)により、直感的で一貫性のあるユーザーインターフェースが特徴です。iOSはシンプルで使いやすく、ガラケーからスマホへ乗り換えするユーザーでもすぐ適応できるでしょう。

一方でAndroidはカスタマイズ性が高く、ユーザーが自分の好みに合わせてインターフェースを調整できる点が魅力です。多くのジェスチャー操作やウィジェットの配置など、柔軟な操作が可能です。また、Googleのサービスとの統合がスムーズで、特にGoogleアカウントと同期してやGoogleドライブやGoogleカレンダーの連携で利便性の高さを感じます。

iPhoneとAndroidの価格比較

iPhoneとAndroidの価格比較では、一概には言えませんが全体的な価格帯ではiPhoneの方が高い傾向にあります。iPhoneは一般的に高価格帯の製品が多く、最新モデルのiPhone15の価格では、下位モデルでも10万円以上になります。

Appleはまた、SEシリーズなどの中価格帯モデルも提供しており幅広いユーザー層に対応していますが、定価では5万円以上するため格安の機種が欲しいユーザーはリファービッシュ済のiPhoneを選ぶといいでしょう。

Androidスマートフォンは、低価格から高価格まで幅広い価格帯の端末があります。例えば、Samsung Galaxy S23 Ultraは20万円以上の価格帯になりますが、Xiaomi Redmi Note 12 Pro+のような中価格帯モデルも多く存在します。

バックマーケットで販売しているリファービッシュ済のスマートフォンでは、Androidスマホのラインナップもあります。安さ重視でスマホを選びたい方は、リファービッシュ品の価格も比較してみるといいでしょう。

iPhoneを選ぶメリットとデメリット

AndroidスマホよりもiPhoneを購入するメリットは多く、性能やセキュリティの高さでおすすめです。一方でデメリットを挙げるとすれば、価格の高さがネックになります。

メリット1:Apple製品との連携が便利

iPhoneは、Appleの他の製品(iPadやMac、Apple Watchなど)とシームレスに連携することができます。データの共有やデバイス間の操作が非常にスムーズになり、以下のような連携機能が役立ちます。

  • iCloud: 写真やメール、メモ、カレンダー、連絡などのデータを他のAppleデバイスと共有できます。

  • AirDrop: ファイルを他のAppleデバイスに簡単に送信できます。

  • Continuity Camera: iPhoneをMacのウェブカメラとして使用できます。

  • FaceTime:iPhoneユーザー間での無料通話機能です。

iPhoneで撮影した写真や動画をMacBookに送信したり、iCloudでの共有など利便性が高くおすすめです。

メリット2:全体的に高性能なため機種選びに失敗しにくい

iPhoneは、どのモデルも高品質であり性能が安定しています。スペック自体はAndroidの方がより高画質なカメラを撮影できたり、処理速度に優れたプロセッサを導入しているハイエンドモデルもあります。

ただ、iPhoneでは型落ちモデルや下位機種でもスペックが高く、動画視聴やオンラインゲームなどのアプリ利用で充分に使える性能があります。スマホなどのガジェットにあまり詳しくなく、機種選びで不安な方でもiPhoneなら失敗しにくいでしょう。

メリット3:セキュリティ・アプリの安全性が高く安心

セキュリティや安全性でもiPhoneは高く評価されており、プライベートのほかビジネスシーンで活用するユーザーも安心できます。

  • iOSのセキュリティ: iOSはセキュリティが高く、定期的なアップデートで脆弱性が修正されます。

  • App Storeの厳しい審査: App Storeで提供されるアプリは、Appleの厳しい審査を通過したものに限定されます。

  • プライバシー保護: Appleはユーザーのプライバシー保護に力を入れており、iOSの新しいバージョンではプライバシー機能が強化されています。

iPhoneの寿命・使える期間でも解説していますが、Appleは古いモデルにも長期間にわたってiOSのアップデートを提供しており、iPhone12シリーズなど数世代前のモデルでも問題なく利用できます。

デメリット:定価だと比較的高めの価格帯

iPhoneは間違いなく日本国内でシェア率が高く、人気のスマートフォンですが最近では価格の高さが懸念されます。スマホの新規購入や買い替えで予算が合わず、古い機種を長く使わざるを得ないユーザーもいるでしょう。

iPhoneが高い理由として、大手キャリアによる販売戦略のほか円安・インフレが大きく影響しています。ドル基準での価格やそこまで変わっていませんが、円安が進んだことで日本国内での販売価格が上昇しています。

価格の高さが気になる場合には、SEシリーズのリファービッシュ品がおすすめです。iPhone SE(第3世代・第2世代)は特にお得な価格で販売しており、5万円以下で高性能なスマホを購入できます。

Androidスマホを選ぶメリットとデメリット

AndroidスマートフォンではiPhoneと比べるとブランド力に欠けたり、特に10〜20代のスマホユーザーでは、周りがiPhoneをみんな使っているから自分もiPhoneにしたいといった考えで、Androidの評価が下がりがちです。

ただ、AndroidスマホはGooleアカウントを多用するユーザーにとって便利であったり、性能を度外視して安さで選ぶ方に適しています。

メリット1:Googleアカウントの連携が便利

AndroidスマホはGoogleが開発したOSを搭載しているため、Googleアカウントとの連携が非常にスムーズです。

  • Googleアカウントを使って機種変更時のデータ引き継ぎを簡単に行いたい

  • パソコンで管理しているGoogleカレンダーやGmailをスマホでも確認したい

  • IDやパスワードなどのログイン情報を保存したい

などの用途にAndroidスマホが適しており、異なるデバイスでのデータ共有やGoogleサービスの利用が簡単になります。ビジネスシーンでも、スマホでGmailを使った連絡や日々のスケジュールチェックなどに役立ちます。

メリット2:安価な機種のバリエーションが多い

Androidスマホは多くのメーカーからさまざまな価格帯のモデルが提供されており、特に安価な機種の選択肢が豊富です。エントリーモデルやミドルレンジのスマホが充実しており、初めてスマホを購入するユーザーやコストを抑えたいユーザーにおすすめです。

関連記事よりiPhoneとGalaxyの違い・比較でも解説していますが、AndroidスマホであるSamsungの端末では安価なGalaxy Aシリーズが人気です。リファービッシュ品では2020年モデルのGalaxy A41モデルなど、2万円以下の価格帯で購入できる機種もあります。

メリット3:microSDカードの活用ができる

汎用性の高さでは、AndroidスマホではmicroSDカードの対応も評価されています。iPhoneのストレージ容量では、microSDなどの外部ストレージに対応していないため購入時に適切な容量のプランを選ぶ必要があります。一方で多くのAndroidスマホはmicroSDカードスロットを搭載しており、ストレージを簡単に拡張することができます。

  • ストレージの拡張: 内蔵ストレージが不足しても、microSDカードを使用することで簡単に容量を増やすことができます。

  • データの持ち運び: microSDカードを使用することで、データを簡単に他のデバイスに移動したり、バックアップを取れます。

  • コスト効率: 内蔵ストレージを増やすよりも、microSDカードを追加する方がコスト効率が良い場合が多いです。

写真や動画データでスマホ本体のストレージが圧迫される場合でも、microSDにデータ保存することでストレージを節約できるほか、バックアップも容易です。

デメリット:選択肢が多く機種選びが難しい

Androidスマホは多くのメーカーが販売していることもあり、選択肢が多すぎて機種選びが難しいというデメリットもあります。

  • 多様なメーカーとモデル: SamsungやSony、Google、Huaweiなど多くのメーカーがAndroidスマホを製造しており、それぞれに異なる特徴やスペックがあります。

  • 性能のばらつき: 機種によってスペックや性能が大きく異なるため、自分の用途に合ったモデルを選ぶのが難しい場合があります。

  • 操作性の違い: 各メーカーが独自のユーザーインターフェース(UI)を採用しているため、機種ごとに操作性が異なり、慣れるまでに時間がかかることも想定されます。

iPhoneより機種選びや比較を慎重に行う必要があるほか、セキュリティ対策も重要です。AndroidはGooglePlay以外のWebサイトを経由してアプリをダウンロード・利用することもできますが、審査基準が厳格であるiPhone(App Store)と比べてウイルス感染などのリスクが高くなりますので、提供元が不明で信頼できないアプリのインストールは避けるようにしましょう。

リファービッシュ品で買うならiPhoneとAndroidのどちらがおすすめ?

iPhoneとAndroidの特徴や比較、メリットやデメリットなどを確認した上で、どちらを買うべきかという判断軸を見ていきます。スマホのスペックや機種選びであまり自信がない場合には、高性能なiPhoneの購入が無難です。

10〜20代向けのスマホではiPhoneが無難な選択

10〜20代の若年層において、iPhoneは非常に人気があります。特に女性の間ではiPhoneの利用率が高い傾向にあり、この年代層では友人や同僚と同じデバイスを使うことで、使い方の相談や情報共有がしやすいという利点があります。

iPhoneのブランド力や、周りがみんなiPhoneを使っているから自分も同じスマホを使いたいといった動機から、学生向けのデバイスでもiPhoneが好まれます。AirDropを使ったデータ送信がしやすいほか、iPhoneはケースやアクセサリーの種類が豊富で、外見のカスタマイズをしたいユーザーにも適しています。

iPadやMacBookなどのApple製品を使っているユーザーもiPhoneがおすすめ

Apple製品を複数持っているユーザーにとって、iPhoneは他のAppleデバイスとの連携が楽で、利便性の高さを感じます。データ共有が簡単になるほか、Apple Watchを使った通話やメッセージの確認なども可能です。

バックマーケットではiPhoneだけでなく、iPadやMacBookなどApple製品のリファービッシュ品も一通り取り扱っています。ノートパソコンやスマートウォッチなどApple製品に統一することで、プライベートだけでなくビジネスシーンでも役立ちます。

iPhoneシリーズは定価だと高い印象を受けますが、リファービッシュ品の型落ちモデルでは5万円前後で購入できる端末が多いほか、iPhoneは性能やセキュリティ・安全性でも信頼性が高く、3年以上の長期で使えるためコストパフォーマンスの高さでもおすすめです。

安さ重視・カスタマイズ性の高いスマホならAndroid

対してAndroidスマホは、低価格から高価格まで幅広い選択肢があり性能はiPhoneより劣りますが安価なモデルも多くあります。iPhoneのブランドにこだわらず、安いスマホが欲しいならAndroidから探してみるといいでしょう。

また、ガジェットに詳しくカスタマイズの活用や高性能なカメラを使いたいユーザーにもAndroidスマホが適しています。Googleアカウントに関するサービスを多用する場合にも、Googleカレンダーやドライブの利便性の高さで評価されています。

iPhoneとAndriodスマホの比較・違いをバックマーケットでより詳しく!

iPhoneとAndroidスマホの比較について、機種ごとの性能や価格を詳しく知りたい方はバックマーケットのお役立ち記事もぜひご参考ください。例として、iPhone14とSamsung Galaxy S22の比較より、画面サイズやカメラ性能など全体的なスペックを確認できます。

iPhoneシリーズ同士の比較ページも関連記事で多く掲載しており、比較的新しいモデルであるiPhone15とiPhone14の違いなども紹介しています。安い型落ちモデルから選びたい方は、iPhone11/12/13シリーズの比較も参考になります。

Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?