Five iPhone 15 smartphones overlapping - views of camera system from front and rear

iPhone15のカメラ性能を解説!15 Pro・Pro Maxで高評価のカメラスペックは?

2023年にリリースされた新しいiPhone15モデルにアップグレードしたいユーザーの中には、カメラ性能がどれだけ向上したのか気になる人も多いでしょう。ベーシックモデルのiPhone15やiPhone15 Proシリーズのカメラ性能は前シリーズから改善されており、画素数の違いやProシリーズの望遠レンズ追加など、より高品質の撮影が可能となりました。こちらのページでは、iPhone15シリーズのカメラに関するスペックや評価される点など一通り解説します!

iPhone15・iPhone15 Plusのカメラ性能

iPhone15シリーズに関する発表:Apple Eventにて多くのファンが話題にしていたのは、カメラのスペックでした。iPhone15シリーズの全4モデルにおいてセンサーが若干改良され、48MP(4,800万画素)の解像度が初めて標準搭載されました。

iPhone15とiPhone15 Plusのカメラ性能は同じ

まずはベーシックモデルのiPhone15とiPhone15 Plusでのカメラ性能から見ていきますが、この2つのモデルはカメラスペックが基本的に同じとなります。

iPhone15 Plusモデルを選ぶユーザーの傾向として、大画面のスマホを使いたい場合やバッテリーの持ちの良さを重視する点が挙げられます。iPhone15モデルと比べて価格は高くなりますが、実用面でのメリットが大きく詳しくはiPhone15 Plusのレビューページをご参考ください。

iPhone15では画素数のほかカメラモードが改善され、光学ズーム機能も全体的に強化されています。センサー技術に関しては、iPhone14より改善も見られるでしょう。

iPhone15・iPhone15 Plusのカメラのスペック概要

ベーシックモデルのiPhone14と比較して、iPhone15では画素数の改善が分かりやすい違いとなります。iPhone14のメインカメラは12MP(1,200万画素)でしたが、iPhone15では全てのモデルについて48MP(4,800万画素)のメインカメラが搭載されています。

基本的なスペック概要は以下の通りで、iPhone15・iPhone15 Plusは前面(インカメラ)1つ、アウトカメラが2つとなっています。

iPhone15・iPhone15 Plusのカメラ性能

 

画素数(アウトカメラ)

メインカメラ:48MP(4,800万画素) 超広角カメラ:12MP(1,200万画素)

画素数(インカメラ)

12MP(1,200万画素)

カメラの数

前面1つ・背面2つ

動画撮影

4Kビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影 アクションモード搭載

光学式スタビライザー

あり

ズーム

最大10倍のデジタルズーム 最大2倍の光学ズームイン

センサーサイズ

広角カメラ:F1.6(26mm相当) 超広角カメラ:F2.4(13mm相当) インカメラ:F1.9

iPhone15・iPhone15 Plusのズーム機能

iPhone15とiPhone15Plusには望遠レンズがないものの、デュアルカメラのセットアップにより、かなり改善されたズーム機能を搭載しています。48MPにアップグレードされたメインセンサーとピクセルビニングテクノロジーにより、非常に鮮明で色鮮やかな最大2倍の光学ズームイン機能を利用できます。加えて、最大10倍のデジタルズームも利用可能です。

iPhone15のカメラは、Google Pixel 7のような同価格帯のスマートフォンに対しては劣らないスペックです。ただ、一般的なズーム機能はGalaxyシリーズなど他のAndroidモデルと比較すると、そこまで優れているスペックとも言えません。

iPhone15 Pro Maxを除くモデルではペリスコープ型レンズが搭載されておらず、強化された望遠カメラやズーム機能にこだわるユーザーは、iPhone15 Pro Maxレベルの性能が欲しいところです。詳しくは以下でも解説します。

iPhone15・iPhone15 Plusの動画撮影機能

iPhone15とiPhone15 Plusの動画撮影に関する機能は正直なところ、それほど多くのアップグレードはありません。iPhone15と同等の価格帯のスマートフォンは同じように、4K(60fps)のビデオ撮影が可能です。

iPhone15の2倍光学ズーム機能はスムーズな動画撮影で便利ですが、録画スペックやビデオモードはiPhone14とほぼ同じです。シネマティックモードやアクションモードなどはiPhone15でも搭載されていますが、空間ビデオ撮影やLog撮影など動画に関するスペックの強化は上位機種であるProシリーズがメインとなります。

iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxのカメラ性能

iPhone15とiPhone15 Plusに搭載されたデュアルカメラシステムとは異なり、iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxは3つのアウトカメラを搭載しています。iPhone15 Proシリーズのラインナップの詳細が発表された当初、Proシリーズのユーザーでカメラレンズの出っ張りが気になった方もいるでしょう。

実際のところ、iPhohe15 Proのカメラレンズは本体から2.5mm出っ張っており、カメラの台座部分を含めると4mm程度の厚みになります。レンズカバーやカメラケースを使わないと、落とした際にカメラが割れてしまう可能性が高いため物理的な保護が必要です。

iPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxのカメラのスペック概要

カメラ性能に関して、ベーシックモデルのiPhone15と比べてもiPhone15 Proシリーズはより高いスペックになります。特にiPhone15 Pro Maxは、望遠カメラや手ぶれ補正に関する強化がされています。

iPhone15 Proモデルのカメラ性能

iPhone15 Pro

iPhone15 Pro Max

画素数(アウトカメラ)

広角カメラ:48MP(4,800万画素) 超広角カメラ:12MP(1,200万画素) 望遠カメラ:12MP(1,200万画素)

広角カメラ:48MP(4,800万画素) 超広角カメラ:12MP(1,200万画素) 望遠カメラ:12MP(1,200万画素)

画素数(インカメラ)

12MP(1,200万画素)

12MP(1,200万画素)

カメラの数

前面1つ・背面3つ

前面1つ・背面3つ

動画撮影

4Kビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影 アクションモード搭載 空間ビデオ撮影 Apple ProRes(プロレズ) Log撮影

4Kビデオ撮影 1080p HDビデオ撮影 アクションモード搭載 空間ビデオ撮影 Apple ProRes(プロレズ) Log撮影

光学式スタビライザー

あり

あり

ズーム

最大15倍のデジタルズーム 最大3倍の光学ズームイン

最大25倍のデジタルズーム 最大5倍の光学ズームイン

センサーサイズ:メインカメラ

F1.78(24mm相当) 第2世代:センサーシフト光学式手ぶれ補正

F1.78(24mm相当) 第2世代:センサーシフト光学式手ぶれ補正

センサーサイズ:超広角カメラ

F2.2(13mm相当) マクロ撮影

F2.2(13mm相当) マクロ撮影

センサーサイズ:望遠カメラ

F2.8(77mm相当) 光学式手ぶれ補正

F2.8(120mm相当) 光学式手ぶれ補正(3Dセンサーシフト)

センサーサイズ:インカメラ

F1.9

F1.9

iPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxの新しいカメラ機能

アップグレードされた4,800万画素のカメラレンズとともに、iPhone15 Proモデルにはレンズフレア(画像が白っぽくなる現象)の除去に役立つコーティングが追加されています。

そのほか、Proシリーズでは以下のような機能が搭載され、プロレベルの写真撮影をより手軽に行えるようになりました。

<iPhone15 Proシリーズの主なカメラ機能>

  • 写真のスマートHDR5

  • 光学ズームオプション(Proシリーズでは最大3倍・Pro Maxモデルでは最大5倍)

  • 次世代ポートレートモード

  • センサーシフト光学式手ぶれ補正(第2世代)

  • マクロ写真の撮影

  • デフォルトレンズの選択(メインカメラで24mm・28mm・35mmから選べる)

iPhone15 ProとPro Maxのズーム機能

ベーシックモデルのiPhone15も充分なズーム機能を備えていますが、iPhone15 Proシリーズでは望遠カメラの搭載でよりスペックが上がっています。

望遠センサーの追加により、画質を犠牲にすることなく優れたズームを利用できます。iPhone15 Proモデルの望遠レンズは光学3倍。iPhone15 Pro Maxモデルでは、光学5倍ズームが利用可能です。iPhone15 Pro Maxでは最大25倍のデジタルズームも可能で、望遠撮影をする機会が多いフォトグラファーにとって多いに役立つでしょう。

一方で、そこまで遠くの焦点距離が不要というカメラマンは、iPhone15 Proのカメラ性能でも問題ありません。Pro Maxよりも安い価格で購入できて、望遠カメラ以外の機能はそこまで変わらないので、望遠カメラで必要な精度・優先度に応じて検討するといいでしょう。

iPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxの動画撮影機能

iPhone15 Proシリーズでは、ベーシックモデルと同様に4K解像度で60fpsの撮影が可能です。加えて、Proシリーズでは以下の機能が追加されています。

  • 3Dセンサーシフトの光学式手ぶれ補正(Pro Maxの望遠レンズ)

  • デジタルズーム(Pro:最大9倍・Pro Max:最大15倍)

  • マクロ撮影(スローモーション・タイムラプス対応)

  • 空間ビデオ撮影

  • ProRes(プロレズ)ビデオ撮影(より高品質な映像データを得られる)

  • Log撮影(露出や色彩の調整が柔軟に行える)

動画・映像の編集者にとって役立つ機能が多く、プロ仕様の動画編集をしたいユーザーに向いている機能が多い印象です。iPhone15 Pro・iPhone15 Pro Maxは動画関連の機能アップデートが多く、こだわりのある動画撮影・編集で役立ちます。

ただし以下でも解説していますが、iPhone15 Proシリーズのカメラスペックは高精度である反面、気軽に撮るような日常的な画像・動画の撮影ではそこまで活かせないデメリットもあります。

オーバースペックになりがちで、iPhone15のストレージ容量でも解説していますが、高機能かつ容量の大きいiPhone15 Proシリーズは高価なので、費用対効果が合わないというユーザーも多いでしょう。

👉参考:iPhoneのストレージ容量の選び方を詳しく解説!

iPhone15とiPhone14のカメラ性能を比較

iPhone15シリーズのカメラ性能について一通り解説しましたが、前シリーズのiPhone14と比べてどれだけスペックが向上したのか、気になるポイントですよね。

iPhone15では全モデルにダイナミックアイランドを搭載

ダイナミックアイランドが全面的に展開されるのは、iPhone15シリーズが初めてです。iPhone14シリーズでは、Proモデルのみがダイナミックアイランド(パンチホール)が採用されており、ノッチを廃止していました。

iPhone15ではベーシックモデルを含めて全ての機種でパンチホールになり、写真や動画の撮影でも画面が広くなり撮影しやすくなったメリットが挙げられます。

iPhone14 Proシリーズと比較したiPhone15のカメラ機能のメリットは?

また、iPhone15シリーズではポートレート機能の強化や写真のスマートHDR5(自動で人の顔を認識:より良い見え方で撮影)など、カメラ機能の改善が確認されています。

ただ、iPhone14のカメラ機能もそこまで劣っておらず、iPhone14 Proシリーズのメインカメラの画素数はiPhone15と同じ4,800万画素です。また、光学ズームもiPhone14 Proシリーズ(3倍)の方が、iPhohe15(2倍)を上回っています。

iPhone14 Proレベルの画素数を、比較的安価なiPhone15のベーシックモデルで実現したのはポジティブな点ですが、望遠カメラを含む3つのアウトカメラを搭載しているProシリーズも高性能です。

iPhone14とiPhone15の性能比較をした上で、最新モデルにするメリットがあまり感じられない場合にはiPhone14シリーズも検討してみてはいかがでしょうか。バックマーケットで販売している型落ちモデルのリファービッシュ品(整備済製品)は、新品と同等の品質で動作保証もあり、よりお得にiPhoneを購入できます。