iphone-15-pro-max-review

iPhone15 Pro Maxのレビュー!性能や価格などの評価は?

2024年3月29日に更新済み

2023年9月にリリースしたiPhone15 Pro Maxは、iPhone15シリーズの中でも特に高性能・ハイスペックの機種で、写真や動画をよく撮影するユーザーや最高品質のオンラインゲームを楽しみたい目的などで最適な選択となります。ただ、20万円前後の価格帯と極めて高額なiPhone15 Pro Maxに対して、それだけの購入価値があるのか疑問に感じている人もいるでしょう。そこで、こちらのiPhone15 Pro Maxレビューページを参考に、購入・買い替えの判断をしてみてはいかがでしょうか。

iPhone15 Pro Maxのレビュー概要

2023年にリリースされたiPhone15シリーズには、iPhone15 Pro MaxのほかiPhone15 Proの上位機種があり、下位機種のiPhone15とiPhone15 Plusを含めると4種類のモデルがあります。

iPhone15シリーズのすべてのデバイスにUSB-Cが搭載されたほか、前シリーズではProモデルに限定されていたダイナミックアイランドも標準機能となりました。

また、iPhone15 Pro Maxには洗練されたトリプルカメラ・セットアップが搭載され、非常に高性能なA17 Proチップのプロセッサもありプロ仕様の写真や動画を撮影したいユーザーにとって理想的なモデルになっています。

  • 優れた光学ズーム性能など、高品質なカメラを使いたい

  • 動画撮影のほか視聴・ゲームの利用がしやすい6.7インチディスプレイにしたい

  • 軽量で片手でも扱いやすい端末が良い

などの需要にピッタリな機種がiPhone15 Pro Maxで、詳しくは以下で解説しますが購入予算に妥協せずスペックを重視するユーザーにおすすめです。

iPhone15 Pro Maxのスペック・性能

iPhone15 Proの特徴は6.7インチの大型ディスプレイやカメラ性能、バッテリーの持ちなどで他のモデルと違いがあります。iPhone15シリーズを検討している方の中では、iPhone15 Proとの比較も気になるポイントでしょう。

iPhone15 Pro Maxの基本性能一覧

iPhone15 Pro Maxに関する基本的なスペックを、以下表でまとめました。前シリーズのiPhone14 Pro Maxと比較して、プロセッサや重量・コネクタの規格などで改善が見られます。

iPhone15 Pro Maxの基本スペック 

詳細

本体サイズ

6.7インチ(高さ: 159.9 mm 幅: 76.7 mm 厚さ: 8.3 mm 重量: 221g)

ディスプレイ

Super Retina XDR OLED(画面解像度:2796 x 1290 ピクセル密度:460ppp リフレッシュノート:120Hz)

プロセッサ

A17 Proチップ

ストレージ容量

256GB・512GB・1TB

カメラ

メインカメラ(広角カメラ):4,800万画素 f/1.8 超広角カメラ:1,200万画素 f/2.2 望遠カメラ:1,200万画素 f/2.8

バッテリー性能

4441mAh(動画再生時間目安:29時間)

生体認証

Face ID(顔認証)

カラーラインナップ

ブラックチタニウム・ホワイトチタニウム・ブルーチタニウム・ナチュラルチタニウム

端子

USB-Cコネクタ

iPhone15 Proと比べたスペックの違いは?

iPhone15の上位機種ではProモデルもありますが、Pro Maxとの違いは主に以下の通りです。画面サイズのほか、カメラ性能もズームで若干の差があります。

  • 画面サイズ(iPhone15 Proは6.1インチ)

  • バッテリーの持ち(iPhone15 Proは動画再生時間目安で最大23時間)

  • カメラ性能(iPhone15 Pro Maxの方が光学ズームの性能が良い)

👉iPhone15 Proモデルのレビュー記事はこちら!

6.7インチのディスプレイは大きく、持ち運びのしやすさで考えるならiPhone15 Proも選択肢に入ります。また、価格面で気になるユーザーやスペックを下げて検討したい場合には、iPhone15(無印モデル)のレビューや、iPhone15 Plusなども比較してみるといいでしょう。

iPhone15 Pro Maxのデザインに関するレビュー

iPhone15のデザインでは改善された点が多く、6.7インチの大型ディスプレイによって重く扱いにくいiPhone14 Pro Maxと比べて20gほどの軽量化を実現したなど、評価されるポイントがあります。

チタン素材による軽量化

これまでのモデルで使われていたステンレススチールは、チタンに変更されました。この新素材は見た目もスマートですが、240gのiPhone14 Pro Maxと比べて19gの軽量化も大きなメリットです。221gのiPhone15 Pro Maxは軽いだけでなく、耐久性も上がっています。

また、フレームエッジ(端末の側面)や表面のガラスに丸みがあり、サイズの大きいiPhone15 Pro Maxでも比較的持ちやすくなっています。片手での操作や動画撮影など、手にフィットする感覚があります。

ただ、チタニウムに変わったことでのデメリットもあり、皮膚の油分が原因で変色するといった報告がユーザーから挙がっているほか、熱伝導率の低さなどから過度な発熱も問題視されています。発熱に関してはiOSのアップデートで対策されていますが、使いづらさに関しては今後のリリース機種でも組むべき課題だと言えます。

iPhone15 Pro Maxのカラーラインナップ

iPhone15 Pro Maxでは4種類のカラーバリエーションがあり、ブラックチタニウムとホワイトチタニウム、ブルーチタニウムのほかシルバーに近いナチュラルチタニウムがあります。

全体的に落ち着いた色彩で、男女問わず選びやすいカラーラインナップになっている印象です。ただ、ピンクなどのパステルカラーが豊富なiPhone15・iPhone15 Plusと比べると選択肢が少なく、鮮やかなカラーを好むユーザーにとって不満が残るため、スマホカバーを使う必要性も感じられます。

👉iPhone15のカラーラインナップを解説!

USB-Cの充電コネクタ・アクションボタンの搭載も利便性向上で好評

Pro Maxモデルに限らずiPhone15シリーズ全体でのアップデートでは、USB-Cコネクタの変更も注目されています。従来のiPhoneシリーズではLightningコネクタが一般的でしたが、MacBookなど他のデバイスでも使えるUSB-C規格になりました。

これまでiPadやMacBookなどを使っているAppleユーザーは、iPhone用にLightningコネクタ用の充電ケーブルを使い分ける必要がありましたが、iPhone15 Pro Maxでは同じ充電ケーブルが使えます。

より実用的な変更では、アクションボタンの搭載もあります。このボタンはオン/オフスイッチの代わりになり、これまでのミュートボタンとは異なりカメラやボイスメモ、ショートカット用のアプリなどの起動が簡単になります。アクションボタンはiPhone15 ProとiPhone15 Pro Maxでのみ利用可能ですが、これが今後のiPhoneシリーズにおいて全機種対応になることも期待されます。

iPhone15 Pro Maxのディスプレイに関するレビュー

ディスプレイに関しては、iPhone14 Pro Maxと比べて見た目での大きな変化はありません。下位モデルと比べて性能が良くなっているほか、大画面のスマホが使いやすいというユーザーに向いています。

6.7インチの大型ディスプレイ

iPhone15 Pro Maxの画面サイズは6.7インチで、前モデルのiPhone14 Pro Maxと同じサイズです。Super Retina XDRディスプレイも同じ仕様ですが、ベゼルが狭くなったことで端末自体は多少小さくなっています。

本体の前面(画面)にはCeramic Shieldが搭載されており、画面割れのリスクが減る強化ガラスが使われており、スマホカバーをあまり使いたくないユーザーも安心して使えます。とは言え、6.7インチのディスプレイ端末は比較的重量もあり、落下時の破損に備えて耐久性の高いカバーを使うのが無難な選択でしょう。

最大120Hzのリフレッシュノート

iPhone15 Pro Maxのリフレッシュレートは120Hzで、下位モデルのiPhone15/15 Plusモデルのリフレッシュレート(60Hz)から大幅にアップグレードされています。

リフレッシュノートは画面操作の滑らかさに影響しており、より数値の高い120Hzの方が画面表示がスムーズになります。また、そこまでの性能が不必要な場合には60Hzに下げることも可能で、バッテリーの持ちが良くなるメリットもあります。

ダイナックアイランドはiPhone14 Proシリーズと同じ

iPhone15 Pro Maxはダイナミックアイランド(Dynamic Island)を搭載しているが、この機能はiPhone14 Proモデル・Pro Maxモデルと同じです。

LINEなどのメッセージ通知やアプリに関するお知らせなど、パンチホールのエリアに表示されるもので、ダイナミックアイランドによって通知確認や簡易的な操作など利便性が上がりました。ダイナミックアイランドはiPhone15シリーズで全機種対応となったため、無印モデルのiPhone15や、同じ6.7インチディスプレイのiPhone15 Plusでも使うことができます。

iPhone15 Pro Maxのカメラ機能に関するレビュー

iPhone15 Pro Maxのカメラはシリーズ内でも高性能で、従来のiPhoneモデルではProとPro Maxで基本的に同じカメラスペックでしたが、iPhone15 Pro MaxではProと比べてもアップグレードされた点があります。

👉iPhone15シリーズのカメラ性能解説ページ

5倍の光学ズーム

光学ズームについてiPhone15 Proでは3倍が限界でしたが、iPhone15 Pro Maxではテトラプリズムという仕組みが採用されたことで、5倍の望遠カメラが使えるようになりました。最大5倍の光学ズームにより、遠くにある被写体も拡大して撮影することが可能です。

望遠カメラの絞り値(F値)は2.8と比較的明るく、薄暗い場所でもクリアな写真が撮れます。また、デジタルズームもiPhone15 Proの15倍と比べて最大25倍まで上がっており、幅広い領域の風景・被写体の撮影に向いています。

次世代のポートレートモード

ポートレートモードでもアップグレードがあり、画面をタップするだけでピント合わせができるほか、人物だけでなく動物を認識すると自然なボケ感で撮影されます。

撮影後のポートレートモードで修正ができたり、ナイトモードでもポートレートモードが使えるなど、幅広い編集や調整が可能です。風景や人物を対象にした写真撮影をする機会が多いユーザーにとって、有用な機能となるでしょう。

オーバースペックだと感じるレビューも

iPhone15 Pro MaxではUSB-Cによる高速転送なProResファイル形式のサポートなど、データ管理においても便利に感じる点はありますが、一方でそこまでの性能は不要であるといったレビューもあります。

iPhone15のストレージ容量に関してPro Maxでは256GBと512GB、1TBの3つの容量から選ぶことができます。iPhone15 Pro Maxの1TBモデルが最も高価ですが、すでにクラウドサービスを利用しているのであれば、これほどのストレージが必要になることはないでしょう。

iPhoneモデルのカメラは年々スペックは上がっているものの、日常生活で使う程度の写真や動画であれば、高性能なズームは別に求めていないユーザーもいるでしょう。iPhone15 Pro Maxはカメラ性能や以下でも紹介していますバッテリー性能を重視する場合には有用ですが、オーバースペックになり高額のコストをかける必要性を感じられないデメリットもあります。

また、カメラに関するネガティブなレビューでは、カメラレンズの出っ張りが気になるといった悪い評価もありました。この辺りも次世代のiPhoneで改善が求められるポイントです。

👉iPhone15シリーズのカメラスペックを詳しく解説!

iPhone15 Pro Maxのプロセッサ・バッテリー性能のレビュー

iPhoneの性能を示す指標としてプロセッサも注目されますが、iPhone15 Pro Maxでは最新のチップが搭載されており、高画質のゲームや動画編集でも快適に操作できます。

A17 Proチップを搭載

iPhone15 Pro MaxはA17 Proチップで動作するモデルで、RAM(メモリ)を多用するアプリケーションを多く起動しても、驚くほどスムーズに動作します。

ウェブブラウジングやストリーミングビデオ再生、オンラインゲームなどの用途だけでなく高い負荷がかかる動画撮影・編集でもパフォーマンス上の問題は発生しないでしょう。特に3Dゲームでの需要が高く、iPhone15 Pro・Pro Max(A17チップ対象機種)限定でバイオハザードシリーズやデス・ストランディングシリーズなど、高いクオリティのゲームコンテンツも楽しめます。

iPhone15 Pro Maxのバッテリー性能は最高レベル

iPhone15 Pro Maxのバッテリー性能は、iPhone14 Pro Maxとそれほど変わりないですが動画再生時間目安で最大29時間と極めて長く、A17チップの搭載によりバッテリーの効率化も進んでいます。

ワイヤレス充電のほか高速充電にも対応しており、20W以上のアダプターを使うことで30分で最大50%まで充電が可能です。外出先でiPhoneを長時間利用する方でも、モバイルバッテリーを携帯することなく一日中使えるでしょう。

iPhone15 Pro MaxのiOSバージョンに関するレビュー

iPhone15ではiOS17が標準搭載されており、例として以下のようなアップデート・機能の追加がされました。

  • アクションボタンで翻訳の割り当てが可能

  • 望遠カメラのフォーカス速度が向上

  • スタンバイ機能の追加

アップルのロック画面は、新しいスタンバイモードで一新されました。時間や日付の表示、お気に入りのウィジェットの追加など、カスタマイズ可能な設定を追加できます。iPhone14 Proシリーズから続けて常時表示ディスプレイ機能はありますが、iOS17のアップデートでよりカスタマイズ性が上がっています。

iOS 17のアップグレードでは、連絡を取り合うことも簡単になりました。ライブボイスメール機能では、誰かがメッセージを残している最中に電話に出ることができ、共有パスワード機能でオンラインアカウントへのアクセスもこれまで以上に簡単になりました。

革新的な機能ではないものの、iOS17では使いやすさや利便性に関する改善が見られます。普段からiPhoneを使う時間がないヘビーユーザーにとって、役立つツールを活かすことができます。

iPhone15 Pro Maxの価格に関するレビュー

上位モデルであるProシリーズは共通して高額ですが、iPhone15 Pro Maxは特に価格が高く新品での購入だとコストパフォーマンスの悪さを感じるレビューもあります。

👉iPhone15 Pro Maxの価格について詳しく解説!

iPhone15 Pro Maxの新品価格

iPhone15 Pro Maxの新品価格(Apple Store参考)は以下の通りで、20万円前後の価格帯になります。

  • 256GB:189,800円

  • 512GB:219,800円

  • 1TB:249,800円

一番安い256GBモデルでも約19万円で、1TBでは約25万円もします。元々高額なProシリーズの中でも、特に高い価格で設定されています。

iPhone15シリーズの新品価格

一方で、他のiPhone15シリーズの新品価格も表でまとめました。iPhone15 Pro Maxと比べると多少は安くなりますが、それでも10〜15万円の価格帯がメインとなります。

iPhone15シリーズ

iPhone15の価格

iPhone15 Plusの価格

iPhone15 Proの価格

128GB

124,800円

139,800円

159,800円

256GB

139,800円

169,800円

174,800円

512GB

169,800円

184,800円

204,800円

1TB

-

-

234,800円

オーバースペックだと感じたり、iPhoneの買い替え予算では10万円以内に抑えたいユーザーには、正直なところ新品のiPhone15シリーズは不向きです。バックマーケットで販売しているリファービッシュ品では、5〜10万円の価格帯で購入できる型落ちモデルを中心に人気なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

iPhone15 Pro Maxを購入するメリット・デメリット【悪いレビューの傾向】

iPhone15に関するレビューのまとめとして、購入するメリットとデメリットを振り返ります。

メリット

デメリット

高性能チップ&6.7インチの大型ディスプレイ

iPhone15シリーズの中でも特に高額

カスタマイズ可能なアクションボタン

iPhone14 Pro Maxと比べて大きなアップグレードがない

チタン素材による軽量化

端末サイズの大きさ、レンズの出っ張りなどデザイン面で気になる点もある

最大5倍の光学ズーム

日常的な用途ではハイスペックになりがち

USB-C対応による利便性の向上

ストレージ容量では128GBが廃止

iPhone15 Pro Maxは間違いなく、2023年までにリリースされたiPhoneモデルの中では最も高いスペックを誇ります。ただ、全てのアップグレードが実用性に優れているとは言えず、価格的にも気軽に購入するのは難しいでしょう。

iPhone15 Pro Maxの購入メリット・おすすめのユーザー

iPhone15 Pro Maxはハイスペックな機種で、様々な用途に対応できますが価格も高いため、以下のようにコストパフォーマンスや購入価値を感じるようなユーザーに限定されます。

  • スマートフォンで3Dゲーム・オンラインゲームを楽しみたい

  • ビジネスシーンでの写真・動画撮影にて活用

  • 6.1インチのProより大きなディスプレイの方が好み

望遠カメラのズーム性能や6.7インチの大型ディスプレイ、バッテリーの持ちの良さなど評価されるポイントがあり、20万円近くの購入コストに見合う場合には検討してみてもいいでしょう。

iPhone15 Pro Maxで評判が悪い点・デメリットになるポイント

ただ、iPhone 15 Pro Maxではデメリットも多く、軽量化されているモデルとは言っても大画面のスマホ端末では片手での操作がしづらく感じます。

  • 望遠カメラが高性能になったものの、そこまでハイスペックなカメラは不要

  • オーバースペックになってしまい、コストパフォーマンスの悪さを感じる

  • 大きな端末では扱いづらく、6インチ未満のコンパクトなスマホが良い

一般的な用途で想定しているユーザーや価格の安さも重視したい場合には、以下でも紹介している型落ちモデル・他機種との比較もおすすめです。

iPhone15 Pro Max以外の機種もおすすめ?【他のiPhone15シリーズモデル・型落ち機種との比較】

iPhone15 Pro Maxは前モデルからアップグレードされた点はいくつかあり、A17 Proチップは本当に可能性を秘めており、ダイナミックアイランドやアクションボタン、USB-C対応など好評な機能もあります。

ただ、iPhone15の他モデルも有用で、価格を抑えて自分に合う機種を選択することも大事です。また、そこまでカメラ性能を求めていない際には、型落ちモデルのiPhone14 Proシリーズも比較する価値があるでしょう。

iPhone15シリーズのモデルと比較

iPhone15シリーズでは以下の通り、各モデルで安さや画面の大きさ・軽さなどでメリットがあります。

  • iPhone15(無印モデル):最も安価なベーシックモデル

  • iPhone15 Plus:カメラ性能は劣るものの、6.7インチのディスプレイ端末を安く買える

  • iPhone15 Pro:Pro Maxとそれほど変わらない性能で、より軽くなっている

最新のiPhoneモデルに興味はあるものの、性能は低くても問題なければ無印モデルや、Pro Maxと同じ6.7インチのPlusモデルもおすすめです。

iPhone14 Pro・Pro Maxもリファービッシュ品で人気

前モデルのiPhone14 Proシリーズも、iPhone15 Pro Maxと比べてそこまで機能の差がない印象です。基本的なカメラ機能や画素数、バッテリー性能などは同じで、ディスプレイに関するダイナミックアイランド・常時表示も共通しています。

詳しくはiPhone14とiPhone15の比較ページでも取り上げていますが、これまでiPhone14 ProやPro Maxを使っていたユーザーにとって、あえてiPhone15 Pro・Pro Maxにアップグレードする価値は薄いです。下位モデルであればメインカメラの4,800万画素やダイナミックアイランドの搭載など、バージョンアップされたメリットがありますが、Proモデルに関しては大差がありません。

リファービッシュ済のiPhone14 Proは、バックマーケットで販売しているiPhone製品の中でも人気のモデルで、同じくリファービッシュ済のiPhone14 Pro Maxもお手頃な価格で購入できます。型落ちモデルの利点で、再生品であるリファービッシュ品だと安くなっている傾向にあり、わざわざ最新モデルを購入する必要性がない場合にはコスパの良いiPhone14モデルを選んでみるといいでしょう。

バックマーケットのリファービッシュ済iPhoneについて詳しく!

バックマーケットではiPhone14 Proシリーズ以外にも、需要の高い型落ちモデルのリファービッシュ済iPhoneを多く販売しています。中古品と異なり、必要に応じた修理や部品交換、クリーニングや検品などを行った上で販売しているため品質面の信頼度が高く、1年間の動作保証と30日間の返金保証もあります。

iPhone15 Pro Maxのレビュー・スペックや価格を今回ご紹介しましたが、あまりコストに見合うモデルはないと感じた場合にはぜひ、型落ちモデルからお得なiPhoneを探してみてはいかがでしょうか。数世代前のProシリーズでも充分なカメラ性能があり、10万円以下で買える機種も多くあります。

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno
Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

関連する記事