Une Apple Watch SE 2 sur un fond blanc

Apple Watch SE(第2世代)のレビューまとめ!第1世代のSEとの違い・できることは?

2022年にリリースされたApple Watch SE(第2世代)は、第1世代のApple Watch SEと比較して、プロセッサのアップグレードや衝突事故検出機能などの改善点があります。こちらのページでは、Apple Watch SE2を中心にできることやスペックを解説するほか、SEシリーズのアップルウォッチでできないことやデメリットもご紹介します。性能面ではApple Watch SE(第2世代)の方が魅力的ですが、第1世代のSEでも充分なスペックがあります。

Apple Watch SE(第2世代)の概要

第2世代と第1世代のApple Watch SEについて詳しく比較をする前に、SEシリーズに関する概要から見ていきます。私たちBack Market(バックマーケット)では中古&整備品のアップルウォッチなど、Apple製品をリファービッシュ品で幅広く取り扱っていますが、アップルウォッチではSEシリーズのほか、ナンバリングモデルやUltraシリーズもあります。

そもそもApple Watch SEシリーズとは?

Apple Watch SEシリーズは2020年9月に発売されたSE1(第1世代)と、2022年9月リリースのSE2(第2世代)の2種類があり、ナンバリングモデルやUltraモデルと比べて安い価格設定が特徴的です。

詳しくは以下でも解説しますが、Apple Watch SE(第2世代)では最低限の性能があるものの、常時表示ディスプレイや高速充電、血中酸素濃度の測定には非対応です。

SEシリーズの価格が安い理由

同時期(2022年)にはApple Watch Series 8とApple Watch Ultraもリリースされましたが、ヘルスケア機能や充電スペックなど、一部の性能を下げる代わりにコストパフォーマンス面で高く評価されるようなモデルとなります。

そのため、運動やワークアウトに関する基本的な記録ができれば問題ないユーザーや、iPhoneとの連携・通知確認や通話などの用途以外ではそれほど使わないなど、エントリーモデルとしての需要がSEシリーズにあります。