Logo of Apple M2 Processor Chip

MacBook Pro M2とM1モデルの比較【M2 に乗り換える価値は?】

MacBookシリーズに搭載されているM2チップは、2022年リリースのMacBook Airと13インチMacBook Proで使われており、その性能の高さが注目されています。アップルがインテルから自社製シリコンチップに切り替えて以来、CPUやGPU、ニューラルエンジンの性能と効率がアップルのデバイスを際立たせています。ですが疑問点も多く、M2チップ搭載のMacBook ProとM1チップのモデルの違いなど比較しておきたいところです。M2とM1チップ、それぞれのMacBook Proでどちらを購入するべきか解説します。

MacBook ProのM1・M2チップの概要比較

はじめに、M1チップとM2チップの両方で基本的な性能から比較をします。各チップには上位チップのM1 ProとM2Proもあるので、あわせて紹介します。

M1チップとM2チップの性能

CPUなどの基本性能について、2020年リリースのMacBook Pro(M1)と2022年リリースのMacBook Pro(M2)で以下表の通り比較しました。

スペック比較

Apple M1チップ

Apple M2チップ

CPUコア

7-8コア

8コア

GPU

8コア

8-10コア

トランジスタ

160億個

200億個

最大メモリ容量

16GB

24GB

メモリ帯域

68.2GB

100GB

整備品価格(2023年12月現在)

110,500円〜(MacBook Pro 2020

145,800円〜(MacBook Pro 2022

M1とM2チップで大きく異なる点として、GPUのコア数が上がっていることや最大メモリ容量が24GBまで向上していることが挙げられます。

Apple公式による発表を参考にすると、M1チップからM2チップのアップデートによって以下の性能が上がります。

  • CPUの処理速度(18%ほど向上)

  • GPUの処理速度(34%ほど向上)

  • MacBookに負担がかかる多くの作業を同時進行できる

ただ、以下でも詳しく紹介していますが、M2チップのMacBookが全ての性能において優れている訳ではなく、M1 Proモデルと比較すると処理速度が遅いというレビューも見受けられます。

M1 ProチップとM2 Proチップ性能の比較

続いて、M1 ProチップとM2 Proチップでも性能比較をしてみます。

スペック比較

Apple M1 Proチップ

Apple M2 Proチップ

CPUコア

8-10コア

10-12コア

GPU

16コア

19コア

トランジスタ

224億個

256億個

最大メモリ容量

32GB

32GB

メモリ帯域

100GB

100GB

整備品価格(2023年12月現在)

199,900円〜(MacBook Pro 2020

※整備品未販売(MacBook Pro 2022)

M2 ProモデルのMacBook Proでは、CPUやGPUの性能がより向上しています。K5Kや8Kなどの高解像度で撮影した大きなデータの動画を編集したり、高画質のオンラインゲームで遊ぶなど、CPUやGPUへの負荷が大きい作業をする場合にはM2 Proが優れています。

ただ、動画編集などクリエイティブな作業を行わず、基本的な用途であればビジネスシーンで使うMacBook ProでもM1 Proモデルのスペックで充分です。整備品価格ではM1 Proが安くなっている一方で、整備品市場であまり出回っていないM2 Proではまだ高額なため、コストパフォーマンスの観点でもM1 Proが適しているユーザーが多いでしょう。

👉価格重視であればMacBook AirとProの比較も大事!

2023年リリースのMacBook ProはM3チップが登場

MacBookの歴代モデルでも解説していますが、2023年の最新MacBook ProモデルではM3チップが搭載されました。

M2 Proチップよりも処理速度やバッテリー性能など、より改善されたM3 ProのMacBook Proは確かに魅力的ですが、オーバースペックになる可能性も高いので慎重な検討が必要です。プロフェッショナルな業務・専門職でない限り、M3チップのMacBook Proが必要なユーザーは非常に少数であるため、本記事では比較対象になりやすいM2チップとM1チップを中心に解説します。