Logo of Apple M2 Processor Chip

MacBook Pro M2とM1モデルの比較【M2 に乗り換える価値は?】

2023年12月19日に更新済み

MacBookシリーズに搭載されているM2チップは、2022年リリースのMacBook Airと13インチMacBook Proで使われており、その性能の高さが注目されています。アップルがインテルから自社製シリコンチップに切り替えて以来、CPUやGPU、ニューラルエンジンの性能と効率がアップルのデバイスを際立たせています。ですが疑問点も多く、M2チップ搭載のMacBook ProとM1チップのモデルの違いなど比較しておきたいところです。M2とM1チップ、それぞれのMacBook Proでどちらを購入するべきか解説します。

MacBook ProのM1・M2チップの概要比較

はじめに、M1チップとM2チップの両方で基本的な性能から比較をします。各チップには上位チップのM1 ProとM2Proもあるので、あわせて紹介します。

M1チップとM2チップの性能

CPUなどの基本性能について、2020年リリースのMacBook Pro(M1)と2022年リリースのMacBook Pro(M2)で以下表の通り比較しました。

スペック比較

Apple M1チップ

Apple M2チップ

CPUコア

7-8コア

8コア

GPU

8コア

8-10コア

トランジスタ

160億個

200億個

最大メモリ容量

16GB

24GB

メモリ帯域

68.2GB

100GB

整備品価格(2023年12月現在)

110,500円〜(MacBook Pro 2020

145,800円〜(MacBook Pro 2022

M1とM2チップで大きく異なる点として、GPUのコア数が上がっていることや最大メモリ容量が24GBまで向上していることが挙げられます。

Apple公式による発表を参考にすると、M1チップからM2チップのアップデートによって以下の性能が上がります。

  • CPUの処理速度(18%ほど向上)

  • GPUの処理速度(34%ほど向上)

  • MacBookに負担がかかる多くの作業を同時進行できる

ただ、以下でも詳しく紹介していますが、M2チップのMacBookが全ての性能において優れている訳ではなく、M1 Proモデルと比較すると処理速度が遅いというレビューも見受けられます。

M1 ProチップとM2 Proチップ性能の比較

続いて、M1 ProチップとM2 Proチップでも性能比較をしてみます。

スペック比較

Apple M1 Proチップ

Apple M2 Proチップ

CPUコア

8-10コア

10-12コア

GPU

16コア

19コア

トランジスタ

224億個

256億個

最大メモリ容量

32GB

32GB

メモリ帯域

100GB

100GB

整備品価格(2023年12月現在)

199,900円〜(MacBook Pro 2020

※整備品未販売(MacBook Pro 2022)

M2 ProモデルのMacBook Proでは、CPUやGPUの性能がより向上しています。K5Kや8Kなどの高解像度で撮影した大きなデータの動画を編集したり、高画質のオンラインゲームで遊ぶなど、CPUやGPUへの負荷が大きい作業をする場合にはM2 Proが優れています。

ただ、動画編集などクリエイティブな作業を行わず、基本的な用途であればビジネスシーンで使うMacBook ProでもM1 Proモデルのスペックで充分です。整備品価格ではM1 Proが安くなっている一方で、整備品市場であまり出回っていないM2 Proではまだ高額なため、コストパフォーマンスの観点でもM1 Proが適しているユーザーが多いでしょう。

👉価格重視であればMacBook AirとProの比較も大事!

2023年リリースのMacBook ProはM3チップが登場

MacBookの歴代モデルでも解説していますが、2023年の最新MacBook ProモデルではM3チップが搭載されました。

M2 Proチップよりも処理速度やバッテリー性能など、より改善されたM3 ProのMacBook Proは確かに魅力的ですが、オーバースペックになる可能性も高いので慎重な検討が必要です。プロフェッショナルな業務・専門職でない限り、M3チップのMacBook Proが必要なユーザーは非常に少数であるため、本記事では比較対象になりやすいM2チップとM1チップを中心に解説します。

MacBook Pro M2チップのパフォーマンス・性能詳細

MacBook Pro M2チップはCPUが18パーセント、GPUが35パーセント、Neural Engineが40パーセント高速化され、性能面ではMacBook Pro M1チップ14パーセント速くなりました。専門的なデータ・性能比較について詳しく見ていきます。

MacBook Pro M2のトランジスタ・製造プロセス

次世代の5ナノメートル製造プロセスを使って製造されたM2チップのトランジスタ数は200億個で、M1チップのトランジスタ数である160億個を上回っています。すべての電力効率と性能は、この製造プロセスに支えられていると言えるでしょう。

MacBook Pro M2のCPU

M2チップのCPUは、4つの高性能・高効率コアにより、M1チップより18%高速です。このコアは両方のチップで利用可能ですが、M2はA15バイオニックチップの優れたアバランチとブリザードコアを使用しています。一方でMacBook Pro M1はA14 BionicチップのFirestormとIcestormコアを採用しています。

また、M1チップとM2チップの両方では、高性能のための命令キャッシュとデータキャッシュ(それぞれ192KB・128KB)、エネルギー効率に優れたコアのための命令キャッシュとデータキャッシュ(それぞれ128KB・64KB)が同じサイズのコアを搭載しているにもかかわらず、MacBook Pro M2の共有キャッシュは16MBと、MacBook Pro M1の12MBより大きくなっています。

機能面では、Geekbenchベンチマークによると、3.49GHzで動作するMacBook Pro M2の方が18%高速です。マルチコア性能では、M1チップより20%高速です。シングルコア性能では、MacBook Pro M2はM1モデルよりも12パーセント高速です。

MacBook Pro M2のGPU

M2チップのMacBook Proは、卓越したグラフィック性能を誇ります。M2チップは、2つのGPUコアを追加したことにより、M1と同じ消費電力レベルで25%、最大消費電力で35%も優れたグラフィックス性能を発揮します。

さらに、M2チップはデフォルトで高度な8コアGPUを使用しています。加えて、8コアGPUを10コアGPUにアップグレードすることで、よりグラフィック負荷の高い作業に対応することができます。

Apple M2 スペックサマリー

MacBook Pro M2のバッテリー駆動時間

速度が大幅に向上したため、バッテリー駆動時間はその分短くなるといった予測もリリース前にされました。しかし、M2チップではその考えは当てはまらずバッテリー効率は2倍になり、M2を搭載した13インチのMacBook Pro(2022年モデル)は、1回の充電で20時間のビデオ再生が可能で最もバッテリー駆動時間が長いです。次いで、13インチのMacBook Air(2022年モデル)のバッテリー持続時間は17時間です。

4つのエネルギー効率に優れたコアは、ブラウジングのような中程度の負荷のタスクに電力を供給することで、バッテリー駆動時間の維持にも役立ちます。全体的にM1やM2などのAppleシリコンチップは、インテルチップに比べてバッテリー性能が大きく向上しており、IntelベースのMacBook Proをこれまで利用していたユーザーは大幅な改善を感じるでしょう。

MacBook Pro M2のメディアエンジン

Appleのビデオフォーマットを使って動画を編集することが多いですか? クリエイターにとって、MacBook Pro M2のアップグレードを心待ちにする理由があります。より高い帯域幅のビデオデコーダで、このチップはH.264とHEVCビデオをサポートできます。

また、ProResおよびProRes RAWを可能にするM2チップのビデオエンジンにより、4Kおよび8K解像度の複数のビデオをストリーミングできます。これらの機能はM1チップでは利用できないため、動画撮影や編集作業をするユーザーにとって重要な違いです。

MacBook Pro M2のユニファイドメモリ

100GBのユニファイドメモリ帯域幅を持つM2チップは、M1チップの最大68.25GBよりも魅力的な選択肢として考えられます。8GBと16GBのユニファイドメモリ構成に加えて、M2チップではさらに24GBの構成が用意されています。

MacBook Pro M2のニューラルエンジン

M2チップに搭載された改良型の16コアニューラルエンジンによって、あらゆる種類のパフォーマンスが40%向上することも期待できます。

MacBook Pro M2は音声認識や機械学習タスク、画像処理に至るまで、ほとんどすべてのタスクに対応し、最大で毎秒15兆8000億回の演算を行います。これはM1よりも明らかに速いです。M2のイメージシグナルプロセッサを最大限に活用すれば、ノイズのないスナップ撮影も可能です。

MacBook Pro M2のセキュリティ機能

Appleシリコン技術の改良の一環として、セキュア・エンクレーブが内蔵され、セカンダリ・チップが不要になりました。

セキュア・エンクレーブは、AES暗号化ハードウェアを使用するストレージコントローラを使用して、より安全で高速なSSDパフォーマンスを実現します。また、タッチセンシティブIDも制御します。

MacBook Pro M2とM1モデルの価格比較

M2チップとM1チップのMacBook Proについて、価格差も気になるポイントです。Apple Storeで公表されている新品価格のほか、バックマーケットで販売している整備品価格でも比べてみましょう。

MacBook Pro M1とM2の価格比較(Apple Store)

MacBook Pro M2とM1の価格差について、Apple Storeで公表されているリリース当時の値段で比較します。

MacBook価格

MacBook Pro M2

MacBook Pro M1

M2・M1チップ

164,800円〜

149,800円〜

M2 Pro・M1 Proチップ

288,800円~

239,800円~

M1 Pro・M2 Proチップの方が高額な傾向で、M2チップのMacBookよりもM1 ProチップのMacBook価格の方が高いです。

MacBook Pro M1とM2の価格比較(整備品)

一方で整備品の場合、新品よりも2〜4万円ほどの価格差がありお得に購入できます。

MacBook価格(整備品)

MacBook Pro M2(14インチ)

MacBook Pro M1(14インチ)

M2・M1チップ

145,800円〜

110,500円〜

M2 Pro・M1 Proチップ

※在庫なし

199,900円〜

バックマーケットでは高額のMacBook Pro M2モデルでも、整備品価格で安く提供しています。学生向けのMacBook学割で安く買う方法もあり、大学での講義やレポートの作成、動画編集などクリエイティブなスキルを取得したい学生はぜひ学割も利用してみてはいかがでしょうか。

より安くMacBookを購入したい方はApple M1チップとIntelCPUのMacBookを性能比較した記事もあわせてご確認ください。

M2よりM1 Proの方が性能的に優れている?

また、マニアックな情報にはなりますが参考までにM2チップとM1 Proチップの性能比較についても紹介します。レビューユーザーで有名なMaxTechの動画より、要点を抜粋させていただきます。

M2チップはMacBookだけでなく、2022年にMacBook Airモデルにも搭載されました。M2チップのMacBook AirはM1 ProチップのMacBook Proよりも安く、M2チップのMacBook Airに乗り換えるユーザーも多くいます。

ただ、プロセッサのバージョンが新しいとは言っても、M2モデルの方が全ての性能に優れている訳ではなく、以下の検証結果が報告されています。

  • SSDの読み書き速度がMacBook Pro M1に劣る

  • 8K動画の編集など作業負荷が大きいとM2はより遅くなる

  • MacBook Pro M1はNAND型フラッシュメモリを2つ搭載していることに対して、MacBook Air M2は1つだけ

フラッシュメモリの数や、MacBook Proと比べて熱処理の性能が劣ることなど、様々な原因から負荷の大きい作業ではM2よりもM1 Proの方が向いていることがわかります。

ただ、SSD以外の点においては全体的に、M1 ProよりもMacBook Air M2の方が高速なパフォーマンスを維持しています。テレワークでのテレビ通話や動画視聴程度の作業であれば、問題なく使えるレベルです。

MacBook Proだけでなく、軽さや持ち運びのしやすさなどを理由にMacBook Airを検討するのもいいでしょう。そこまで高スペックなラップトップが必要なければ、価格も安く優位性のあるMacBook Airがおすすめです。

👉MacBook Airの整備品がおすすめな理由を詳しく!

MacBook ProはM2とM1モデルのどちらがおすすめ?

MacBook Pro M2とM1モデルの比較について一通り解説しましたが、基本的な性能・処理速度の速さなどはM2チップの方が優れています。

ただ、MacBook Pro M2とM1モデルの価格差でもご紹介した通り、新品や整備品で購入する際には最大で4万円以上の差ががあります。MacBook Pro M1でも充分なスペックで、利用しているユーザーの立場からすると、MacBook Pro M2の改良は少なくとも一般的な用途では、劇的な変化とは言えません。

映像編集・高画質のネットゲームなどはM2モデルが適切

とはいえ、M2チップのアップグレードに気づき、高く評価する人がいることは間違いないでしょう。M2チップは、Intel製チップを搭載した旧型MacBookからの乗り換えなら、検討する価値があります。M2の全体的なパフォーマンスはより速く、よりスムーズに感じられ、新しいテクノロジーはM1チップよりも少なくとも1年は長持ちします

動画編集の専門家やクリエイターなどは、MacBook Pro M2のアップグレードを他のユーザーよりも有意義に感じます。MacBook Pro M2のより広帯域幅のビデオデコーダーと、ProResおよびProRes RAWビデオ対応エンジンは、高品質の映像編集やネットゲームで特に役立ちます。

あまり専門的な用途がないユーザーはM1モデルで充分

一方で動画編集やグラフィックに関する作業などはせず、動画閲覧やWeb会議など複数のタスクを同時にこなす使い方もしなければ、M1モデルのMacBook Proでも快適に使えます。

本記事ではCPUのスペックなど専門的な観点からM2とM1の性能を比較しましたが、M2チップ以上の性能は一般的なユーザーにとってオーバースペックになる可能性が高く、高価な機種を無駄に買ってしまうリスクもあるので要注意です。

処理速度などのスペック以外にも、MacBook Proの画面サイズ・大きさで検討したり、そこまでノートパソコンを使う機会のない初心者であれば、MacとWindowsの比較をした上で、格安の機種も見てみるのも良いでしょう。

また、バックマーケットで販売している整備済MacBook Pro・MacBook Airは、新品と同等の品質で安く提供しています。M1チップなどの型落ちモデルであればより安価に販売しており、予算が限られているユーザーにおすすめです。

バックマーケットの整備品には、1年間の動作保証と30日間の返金保証も付いています。M2・M1チップだけでなく、もっと古く安いIntel製チップのMacBookモデルであれば10万円以下で購入できますので、ぜひご検討ください。

👉 Apple M1チップとIntelCPUのMacBookを性能比較!【どちらを買うべき?】

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno
Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

関連する記事