is-apple-watch-5-waterproof-mob

Apple Watch 5のスペックと性能・購入するメリットやデメリットを解説!

2019年にリリースされたApple Watch 5は、利便性の高さや型落ちモデルとしての安さなどが評価されており、これからスマートウォッチを使いたいユーザーにおすすめです。こちらのページでは、Apple Watch 5に関する基本的なスペックや耐水などの耐久性、新たに搭載された常時表示ディスプレイの良さなどを解説します。Back Market(バックマーケット)で販売しているリファービッシュ済のアップルウォッチでは、Apple Watch 5などの型落ちモデルも人気ですが、性能面でのデメリットもあるので確認しておくといいでしょう。

Apple Watch 5を買うべきか?|レビュー概要

Apple Watch Series 5はいわゆる型落ちモデルですが、ナンバリングモデルで多数あるアップルウォッチの中で、あえてApple Watch 5を選ぶ理由や判断基準を知りたいですよね。Apple Watch 5のスペックや評価されているポイントなど、後ほど詳しく説明しますが、まずはレビュー概要から紹介します。

Apple Watch 5の購入でおすすめのユーザーの傾向

初めてスマートウォッチを購入する方や、基本的な機能が使える低価格のモデルが欲しい場合に、Apple Watch 5が役立ちます。以下の通り、型落ちモデルの中ではスペックが良く、コストパフォーマンスの高さでおすすめです。

  • Apple Watch 4など古いモデルではスペック不足が気になる

  • 2万円台の価格帯で最低限の機能があるアップルウォッチを購入したい

  • アップルウォッチを徹底的に使いこなすのは難しい(ライトユーザーを想定)

リファービッシュ品のApple Watch 5は安く、3万円以下で購入できるモデルもあるため、低価格でアップルウォッチが欲しいユーザーにも適しています。

最新のアップルウォッチモデルと比べてそこまでスペック差がない

アップルウォッチなどのApple製品は全体的に品質が高く、数世代前のモデルでも問題なく使えます。一方でネガティブな捉え方をすれば、最新のモデル・機種を購入しても、過去モデルとそこまでスペックの差がなく、コスパ面で微妙だと感じるユーザーもいるでしょう。

  • ジェスチャー機能や一部のヘルスケア機能などはないものの、基本的な機能がある

  • ワークアウトやキャッシュレスの支払い、iPhoneの連携など一般的な用途で使える

  • 型落ちモデルなら最新モデルと比べて安く買える