Mac vs Windows

MacとWindowsはどっちがいい?違いや選び方を徹底解説!

これからノートパソコンを購入したい人や、古くなったパソコンを買い替えたい場合などでMacとWindowsのどちらがいいか気になることもあるでしょう。MacとWindowsはそれぞれOSが異なるパソコンですが、購入するにあたってメリットとデメリットがあります。ユーザー個人の利用目的によってMacBookとWindowsを選ぶ基準を検討した上で、安く購入できる整備品も活用してみるといいでしょう。

MacとWindowsの主な違い・比較

はじめに、MacとWindowsの基本的な違いや特徴から比較します。大きな違いとしてOSが挙げられますが、その他にも機能性や利用割合・シェアにおいて比較ができます。

OS(Operating System)の違い

OSはオペレーティングシステムの略称で、パソコンなどのデバイスを制御し、アプリケーションの実行をするための重要な役割を担います。

パソコンのOSでは以下の通り、MacとWindowの2種類が一般的になっています。それぞれ開発している企業が異なり、Windows OSはビルゲイツ、Mac OSはスティーブ・ジョブスによって作られています。

  • Mac OS(iPhoneなどで有名なAppleが開発)

  • Windows OS(エクセルなどのソフトも提供しているMicrosoftが開発)

なお、MacとWindowsはパソコンを対象としたOSであり、スマートフォンの場合にはまた別になります。iPhone(Apple社のスマホ)はiOSで、Google社が解説したAndroid OSとよく比べられます。

👉スマホ用語やモバイル機器の基本的な用語集

対応しているソフトウェアの違い|Windowsの方が種類が多い

MacとWindowsでは、対応しているソフトウェアの種類で違いがあります。ビジネスでよく利用されるソフトに関してはWindows対応のアプリが多く、Mac専用のアプリケーションを別で用意する必要もあります。

ただ、ビジネスシーンでよく利用されている​​Microsoft ExcelやWordなど、以前はMacで使えないアプリケーションもありましたが、サブスクリプションサービスのMicrosoft 365でMac OSにも対応できるなど、Macとの互換性は高まっています。

パソコンなどデバイス上でダウンロードして使うアプリも昔こそ多いですが、最近ではクラウド型・Webブラウザで機能するサービスも増えているため、アプリに関してMacでそこまで困るようなシーンは減ってきているでしょう。

利用割合の違い|シェア率はWindowsの方がかなり高い

MacとWindowsについて、日本国内でのシェア率で比較をしてみると、Windowsのパソコンを使っているユーザーは約7割とかなり多いです。

<2023年8月時点での日本国内シェア率>

  • Windows OS:70.1%

  • OS X(Mac OS):16.21%

  • Unknown(不明):12.29%

  • その他(Linux・Chrome OSなど)

参考:Operating System Market Share Worldwide 

IT業界などで勤務・関係があるユーザーにとって、MacBookやiMacは割と普通に認識していますが、「そもそもパソコンってWindows以外にあるの?」と全くMacについて認知していない人も多いでしょう。

MacとWindowsはどっちがいいという選択でMacBookを選ぶメリット

MacBook Pro

日本国内のシェア率や、普段から慣れているパソコンのインターフェースを理由に、無難にWindowsのノートパソコンを選ぶユーザーも多いかと思います。

ですが、Mac OSの中でポピュラーなノートパソコンであるMacBookは魅力的なポイントが多くあり、WindowsのユーザーでもMacに乗り換える価値はあるでしょう。

MacBookの洗練されたデザイン

MacBookの分かりやすい利点として、シンプルかつ美しいデザインが挙げられます。もちろん個人の好みによって、Windowsのノートパソコンも外見で選ぶことも考えられますが、MacBookの薄くてスタイリッシュな外見に憧れて、持っているだけでも満足するようなオシャレさも兼ね備えています。

Windowsのノートパソコンとは差別化された、シンプルなデザインはMacBookの強みと言えます。加えて以下でも紹介していますが、安定した高性能のモデルが多く型落ちのMacBookを選んでも高いスペックで快適に使えます。デザインの良さとスペックの高さという、両立されたMacBookの魅力があります。

操作に慣れたらMacの方がスムーズで効率的

Windowsのパソコンに慣れているユーザーにとって、Macのファイルやフォルダの操作や設定画面の違いなどで違和感を覚えて、難しいインターフェースだと捉えられるケースも中にはあります。 ただ、Macは本来操作性に優れているOSで、慣れてしまえばスムーズに作業を進められます。加えて高画質のディスプレイや起動時間の短さなど、快適に使える良いポイントが多くMacをある程度使っていればスマートに操作できます。

動画編集やクリエイティブな作業に対応

動画編集などクリエイティブな操作に関するソフトウェアはMacとWindowsの両方で対応していますが、動画やデザイン系の作業に関してはMacの方が向いています。

MacBookではハイスペックな機種が多く、2022年以降のモデルであるM2チップ・M3チップを搭載しているものはプロセッサが非常に優秀で、動画や画像編集など高負荷の作業でもスムーズに使えます。

詳しくはMacBook AirとMacBook Proの違い・比較でも取り上げていますが、動画編集や音楽の制作、プログラミングのほかデザインに関する勉強や仕事をする場合には、より高性能であるMacBook Proがおすすめです。MacBook Airと比べて高価になりますが、高いパフォーマンスを発揮します。

WindowsよりMacの方が長期的に利用できる

MacBookは長期的な利用がしやすく、短くても4年以上の寿命があり長ければ10年以上も利用できます。

  • Apple公式で想定されるMacの寿命:4年

  • Mac OSのサポート期間から判断されるMacの寿命:8年

  • ユーザーの口コミや事例によっては10年以上使えることもある

一般的なMacBookの寿命は4〜8年ほどになりますが、過去のモデルでもスペックが高いことから長期的な運用に耐えられます。

Windowsと比べて性能が悪い機種・モデルが少ない

全体的に高スペックであるMacBookは、Windowsのノートパソコンと比べて購入に後悔する可能性は少ないです。安さを理由にWindowsのノートパソコンを購入したものの、スペックが低くユーザー個人の用途に合わないといった事例もあります。

また、上記で説明したようにMacBookは過去モデルでも壊れにくく長期的に使えますので、価格が高くても長年利用できるノートパソコンであればWindowsよりコストパフォーマンスに優れています。Windowsでは各種メーカーによるモデル数が多く選択肢の幅が広いですが、中にはスペックが低く満足度の低い機種もあるため、スペックを最低限重視しておきたい場合や長年使えるノートパソコンが欲しい場合にはやはりMacBookがおすすめです。

MacBookの歴代モデル比較ページでも解説していますので、過去のモデルやお得に購入できる整備済製品でスペックを確認してみるといいでしょう。