apple watch series 6 test

Apple Watch 6のレビュー!スペックや購入メリット・気になる点を解説

2024年4月3日に更新済み

2020年9月にリリースされたApple Watch Series 6は、前モデルと比較して血中酸素濃度センサーの搭載や常時表示ディスプレイの改善など、ウェルネス機能や使いやすさで評価されています。Back Market(バックマーケット)で販売しているリファービッシュ済のApple Watch 6は安価で、高性能なアップルウォッチを安く買いたいユーザーにおすすめです。ただ、Apple Watch 6では購入するメリットのほか、注意点もあるので一通りレビューをしていきます。

Apple Watch 6のレビュー概要

Apple Watch 6の性能やスペックについて、まずはレビュー概要をお伝えします。数世代前の型落ちモデルでは機能面での不安を感じる方もいるかもしれませんが、アップルウォッチなどApple製品は全体的に高性能なので、スポーツでのパフォーマンス計測や健康管理など基本的な利用で問題ないでしょう。

Apple Watch 6のスペック一覧

Apple Watch 6に関する基本的なスペック情報を、以下表でまとめました。Apple Watch 5モデルから引き続き使える常時表示ディスプレイや、Apple Watch 6で追加された血中酸素濃度測定も注目されています。

Apple Watch 6のスペック

詳細

リリース日

2020年9月18日

ケースサイズ

40mm・44mm

耐水

50mの耐水性能

プロセッサ

S6 SiP

ストレージ容量

32GB

LTE対応

GPS + セルラーで対応

心拍数/脈拍測定

◯(第3世代の光学式心拍センサー)

心電図アプリ

血中酸素濃度測定

トレーニングセッションの記録

コンパス/GPS

バッテリー寿命

最大18時間

常時表示ディスプレイ

Apple Watch 6のスペックに関する特徴

Apple Watch 6は古いナンバリングモデルですが、そこまで高機能なスマートウォッチでなくても問題ないライトユーザーであればスペック的に問題ないです。以下でも詳しく解説していますが、血中酸素濃度アプリによる健康管理や常時表示ディスプレイなど、実用性で改善されています。

ワークアウトや日常的なヘルスケア、iPhoneとの連携による通知確認や通話対応、キャッシュレス決済など利便性の高い用途に一通り対応しています。リファービッシュ品基準で3万円以下でご購入いただける機種の中ではスペックが高く、コストパフォーマンスにも優れています。

ただ、健康管理に関する機能をより充実させたい場合や、低電力モードでバッテリーの持ちを改善したいといった高スペックな要望があるユーザーは、Apple Watch 8モデルも比較してみるといいでしょう。バックマーケットで販売しているリファービッシュ品(整備済製品)のアップルウォッチでは、後継機種をお得に購入することができます。

Apple Watch 6の価格レビュー

アップルウォッチの比較検討では価格が重要なポイントですが、型落ちモデルを安く買うならリファービッシュ品がおすすめです。リリース当時の価格と比べて安価で、加えてリファービッシュ品なら新品と同等の動作を確認された上で出荷されますので、品質面での信頼性も高いです。

リリース当時のApple Watch 6 販売価格

40mmモデルを基準に、Apple Storeでのリリース当時価格を確認すると以下の通りで、5万円前後の価格帯になります。

  • GPSモデル:42,800円

  • GPS + セルラーモデル:53,800円

単体でネットワーク通信が可能になるGPS + セルラーモデルの方が高くなりますが、iPhoneを携帯せずアップルウォッチだけ持ち歩きたいユーザーには向いています。ただ、常にiPhoneとのペアリング連携で使う場合にはGPSモデルで問題ないでしょう。

リファービッシュ品のApple Watch 6 最安値目安は?

一方で、バックマーケットで販売しているリファービッシュ品価格(2024年4月現在)を参考に、最安値目安も比較してみると以下の通りです。

  • GPSモデル:29,000円

  • GPS + セルラーモデル:24,000円〜

時期にもよりますが、GPS + セルラーモデルも在庫が比較的多く3万円以下で購入可能です。前モデルのApple Watch 5と比較しても、リファービッシュ品では価格差がそれほどないため、多少のコストをかけてApple Watch 6を購入する価値は高いと言えます。

バックマーケットで提供しているリファービッシュ品は中古品と異なり、専門家による検品やクリーニングのほか、端末のコンディションに応じた修理・部品交換を行います。また、1年間の動作保証と30日間の返金保証もあり、万が一の不具合や故障が発生しても問題なく端末の交換・修理が可能です。

Apple Watch 6でできること|Apple Watch 5からのアップデート

Apple Watch 6とよく比較対象になるApple Watch 5との違いとして、血中酸素濃度の測定機能が大きなポイントです。また、プロセッサなど基本的なスペックも向上していますが、日常的な使用ではそこまで違いを体感できないかもしれません。

👉Apple Watch Series 5と6の違い・比較を解説!

血中酸素ウェルネスセンサーの搭載

健康状態を管理・計測する機能としてこれまで、心拍数や心電図アプリを使った機能はありましたが、Apple Watch 6では新たに血中酸素ウェルネスセンサーが追加されました。血中酸素濃度は血液の働きや流れの状態を示す指標で、日常的な健康状態やスキーや登山などのアクティビティで、自分の体のコンディションを把握するのに役立ちます。

血中酸素ウェルネスアプリケーションについて、医療目的でなくあくまでフィットネスやウェルネスの用途として使えるものなので、医療的な診断とは異なります。ただ、心肺機能の低下など日々の健康管理が気になるユーザーにとって血中酸素濃度の測定は有用で、15秒の短時間ですぐ計測できるので簡単に使えます。

Apple Watch 5では血中酸素濃度の測定はできないので、ある程度のヘルスケア機能が欲しい場合にはApple Watch 6以降のモデルがおすすめです。

その他ヘルスケア・ワークアウトに関する機能も使える

心電図(ECG)や心拍数、脈拍センサーなどのその他の健康機能は、Apple Watch 5と基本的に同じスペックです。Apple Watch Series 6は、スポーツアプリとヘルスアプリに加えて前モデルと同様、様々な機能を搭載しています。GPSセンサーによって、ユーザーが歩いたルートを測定・記録し、iPhoneのApple Watchアプリからデータを確認できます。

また、スマートフォンのアクティビティアプリで呼び出せるフィットネスプログラムも同様です。定評のあるアクティビティ・リングが搭載されており、日常的なトレーニングやフィットネスを心掛けるユーザーにとって役立ちます。

常時表示ディスプレイに関するレビュー・改善

常時表示ディスプレイはApple Watch 5から導入された機能で、手首の角度を変えたりアップルウォッチの画面を見るような動作をしなくても、常に画面を確認できる点で便利です。Apple Watch 6でも基本的には同じ性能ですが、最大2.5倍明るくなるといった視認性での改善があります。

体感では2.5倍までの明るさは感じませんが、Apple Watch 6の常時表示ディスプレイは確かに見やすくなり、屋外でも時計の確認がしやすくなっています。

また、画面が明るくなってもバッテリー性能はApple Watch 5と同等で最大18時間持続します。ですが、常時表示ディスプレイによってバッテリーの消耗が早くなるといったレビューもあり、必要に応じて常時表示ディスプレイをオフにするといった判断もできます。

処理速度やプロセッサのレビュー・改善

Apple Watch 6には新しいS6チップが搭載されており、前モデルのApple Watch 5(S5チップ)からアップグレードされています。テストでは、Apple Watch 6は前モデルよりも約20%ほど処理性能が向上しているとされており、iPhone11モデルで導入されているA13 Bionicチップをベースにしています。

ただし実際には、処理速度の向上はわずかな効果しかないため、一世代ほどのプロセッサの性能はあまり体感できません。ただ、前モデルのApple Watch 5でも問題ないスペックであるため、Apple Watch 6も同様にヘルスケアやワークアウト、iPhoneとの連携活用など幅広いシーンで問題なく使用できるでしょう。

Apple Watch 6のカラーバリエーションに関するレビュー

Apple Watch 6は前シリーズと比較して、カラーラインナップが豊富です。以下表の通り、安価なアルミニウムケースでは5色から選べます。ブルーのほか、中古&整備品のiPhoneでもメジャーなレッドカラーが追加されています。

Apple Watch 6ケース

アルミニウム

ステンレススチール

チタニウム

カラーラインナップ

シルバー・スペースグレイ・ゴールド・ブルー ・(PRODUCT)レッド

シルバー・グラファイト・ゴールド

チタニウム・スペースブラック

ステンレススチールやチタニウムはカラーの種類が少ないですが、デザインの良さや軽さなどが評価されています。また、限定モデルとしてApple Watch NikeとApple Watch Hermès(エルメス)も人気ですが、カラーラインナップは限られています。ナイキの場合はシルバーとスペースグレイ、エルメスはシルバーとスペースブラックが対象です。

Apple Watch 6とApple Watch 7の比較レビュー・違い

Apple Watch 6の後継モデルであるApple Watch Series 7は、デザインや耐久性などの違いがあり、バックマーケットで販売しているリファービッシュ品ではそれほど価格差がないので比較してみるといいでしょう。

👉Apple Watch Series 6と7の違い・性能を比較!

Apple Watch 6とApple Watch 7の共通点

2021年9月にリリースされたApple Watch 7は、基本的なスペックはApple Watch 6と同等だとされています。プロセッサ自体もS7チップに変わっていますが、Apple Watch 6とApple Watch 5の違いと同様、処理速度の差は小さいです。

  • 基本性能(ヘルスケア・ワークアウトなど)

  • バッテリーの持続時間

  • その他機能(GPS・iPhoneとの連携など)

上記に関してはApple Watch 6とApple Watch 7は同じで、ヘルスケアに関する機能の改善を求めるなら、Apple Watch 8までのスペックは必要です。関連記事より、Apple Watch Series 7と8の違いも解説しています。

Apple Watch 7で改善されたポイント

実用性に関する点でApple Watch  7は改善されており、具体的にはケース(画面の大きさ)で違いがあります。Apple Watch 7のケースは41mmと45mmから選択可能で、ケースの外枠(ベゼル)も小さくなったことで画面全体は20%ほど大きくなっています。

ディスプレイも頑丈になっており、クリスタル部分が最大50%ほど厚くなったことで2倍の強度があります。また、カラーバリエーションもより増えて、スターライト・ミッドナイト・ (PRODUCT)RED・ブルー・グリーンと、幅広い選択肢があります。

バッテリーの駆動時間自体はApple Watch 6と同等ですが、高速充電ができるようになったApple Watch 7では45分程度で80%の充電が可能です。USB-C 磁気高速充電ケーブルを使うことで、短時間の充電が可能になった点で利便性の改善が見られます。

リファービッシュ品であれば、Apple Watch 6と比較して1〜2万円ほどの価格差ですので、ディスプレイの見やすさやグリーンなどの新色を好むユーザーはApple Watch 7から選んでみてはいかがでしょうか。

Apple Watch 6のレビューまとめ|おすすめなユーザーの特徴・メリットとデメリット

Apple Watch 6の性能や他モデルとの違いなど一通り解説しましたが、レビューのまとめとして購入するメリット・デメリットを確認します。

Apple Watch 6の購入がおすすめなユーザーの特徴・メリット

3万円以下でリファービッシュ済のモデルを買えるApple Watch 6は、最低限のヘルスケア機能など基本的な用途を想定しているユーザーにとってコストパフォーマンスが高いと言えます。

  • 血中酸素濃度の測定で日々の健康を管理したい

  • 常時表示ディスプレイがあると便利だと感じる

  • ブルーなどのカラーモデルが欲しい

などの要望がある場合、Apple Watch 6の購入がおすすめです。Apple Watch 6は血中酸素濃度測定が大きなアップデートで、健康状態が気になる方やアクティビティを楽しむ機会が多いユーザーのヘルスケアで役立ちます。

Apple Watch 6のデメリット

ただ、Apple Watch 6は数世代前のモデルということもあり、以下のような機能が使えないデメリットもあります。

  • ジャスチャー操作(Apple Watch 9で搭載)

  • 皮膚温センサーによる生理周期の管理(Apple Watch 8以降で搭載)

  • 衝突事故の検出機能(Apple Watch 8以降で搭載)

より便利に使えるアップルウォッチが欲しい方は、後継機種から選んでみるといいでしょう。バックマーケットで販売しているリファービッシュ済のアップルウォッチは、比較的新しいモデルでもお安くご購入いただけます。

Apple Watch 6に代わるおすすめのアップルウォッチモデルは?

Apple Watch 6の比較対象としておすすめのモデルでは、Apple Watch 7とApple Watch 8が注目されます。上記でも解説したように、Apple Watch 7ではディスプレイがより大きくなり、Apple Watch 8では月経周期の予測や衝突事故の検出(自動通報)機能など、高いスペックが魅力的です。

また、安価でコストパフォーマンスに優れているモデルでは、SEシリーズのアップルウォッチもおすすめです。常時表示ディスプレイなど一部機能はありませんが、ワークアウトや健康管理など基本的な記録が可能で、価格の安さも高評価です。詳しくはApple Watch SEのレビュー・できることで解説していますので、あわせてご参考ください。

Apple Watch 6でよくある質問と回答まとめ

Apple Watch 6のレビューに関して、購入や利用時によくある質問と回答をまとめました。型落ちモデルのアップルウォッチは中古品という選択肢もありますが、品質での懸念もあります。

🆀 Apple Watch 6にはどのiPhoneが必要ですか?

🅰 Apple Watch Series 6に限らず全てのアップルウォッチモデルを対象に、ペアリングできるスマートフォンはiOS(iPhone)に限定されますが、iPhone 6S以上に対応しています。

古いiPhoneモデルを使っているユーザーは、買い替えも検討してみるといいでしょう。バックマーケットではリファービッシュ済のiPhoneも販売しており、5万円以下の安価なモデルを中心に人気です。

👉人気のiPhoneモデルランキングはこちら!

🆀 Apple Watch 6はどこで購入するのが一番安いですか?

🅰 アップルウォッチは中古品でも販売されていますが、保証期間が短い(または保証制度が全くない)ケースもあったり、個人間取引で販売される中古アップルウォッチは故障のリスクも高く推奨しません。

リファービッシュ済のアップルウォッチは価格が安いだけでなく、新品と同等の品質で販売されるほか1年間の動作保証と30日間の返金保証もあるので安心です。また、リファービッシュ品はCO2や電子廃棄物が大幅削減される再利用品であるため、環境保護にもつながります。

👉リファービッシュ品が地球環境に優しい理由・調査結果

🆀 Apple Watch 6と相性の良いアプリは?

🅰 フィットネスアプリはもちろん、Apple Watch 6と相性抜群です。adidasのランニングアプリRuntasticやStepsAppの歩数計など、他のアプリもあります。

ToDoリストやカレンダー、買い物リストもアップルウォッチに最適なアプリで、生活の質が改善されます。その他にも、天気予報アプリや地図、睡眠トラッキングアプリなど、夜間の計測をより正確に行うことができる便利なアプリも試してみるといいでしょう。

記事監修者:Yu Mizuno, BackMarket サプライチームリーダー

サプライチームのリーダーで販売事業者との連携業務に従事しており、商品ラインアップの多様化や在庫の適正化がその役割の一環です。iPhoneなどのデバイスに関する専門知識があり、BackMarket社内では誰よりも精通しています。業務経験と専門知識を活かし、正確で役立つ情報を記事でご紹介できるように努めます。
Yu Mizuno
Sun

筆者:SunBackMarket コンテンツクリエーター

コンテンツクリエーターとして6年の経験を持ち、以前はゲーム業界で活動していました。BackMarketの目標である、リファービッシュ品の普及と「新しい」の再定義に貢献することをミッションとして掲げます。整備済製品の魅力やデバイス選定のポイントなど、役立つ情報を今後も提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

関連する記事