iPhone 13 Pro 中古整備品を安く買うなら

更にシリーズを選択する

1件の商品から選べます。

お客様レビュー

  • 5 0%
  • 4 0%
  • 3 0%
  • 2 0%
  • 1 0%

iPhone 13 Proを買うべき?

2021年9月に発表されたiPhone 13 Proは、Apple社の最新ハイエンドモデルの1つです。 今後数年間に渡って、インターネットの進化に対応可能な、高速A15 Bionicチップが搭載されています。 Proモデルだけあって機種価格は比較的高価ですが、Back Marketなら中古整備品をお得な価格で見つけることができます。

同シリーズからは、価格の安いiPhone 13および小さいサイズのiPhone 13 mini 中古モデルや、より大型のiPhone 13 Pro Max 中古版もあります。

iPhone 13 Pro 中古整備品のスペックは?

iPhone 13 Proの画面は高品質のOLEDディスプレイ。解像度2532 x 1170、画素密度460 ppi。 動画ストリーミングなどの映像が非常にスムーズです。 12メガピクセルのトリプルカメラによって撮影した写真もくっきり映ります。 内側のフロントカメラも同様に12メガピクセル。最新プロセッサは5コアと6GBのRAMを搭載。 ストレージ容量は、128GB、256GB、512GB、1,024GB(1TB)から選ぶことができます。 バッテリー容量は3.095 mAhで、通常使用で22時間のバッテリー駆動時間です。

上下の枠がないベゼルレスデザインのため、iPhone 13には指紋認証機能はありません。顔認証は面倒!という方には、iPhone SE2 中古版をおすすめします。中身はiPhone 11のまま、便利な指紋認証が使えます。

iPhone 13 Pro 中古整備品の代替案は?

あなたにとってiPhone 13 Proが非常に高価である場合、前モデルのiPhone 12 中古モデルをお勧めします。 このモデルでは、ほぼ同レベルのプロセッサを搭載し、メモリ容量も6GBです。

カメラに関しては、iPhone 13 Proと大きな違いはなく、画素数も同じです。iPhone 11 Pro 中古整備品もより割安な代替案と言えるでしょう。 主な譲歩点は、ストレージ容量とメモリ容量の低さになります。

iPhone 13 Pro 中古品購入によるメリットとは?

13 Proのように、毎年iPhoneの新モデルが市場に登場していますが、多くの場合、その改善点はわずかなものです。そのため発売から1年〜2年経った型落ちの整備品を購入することは、地球の環境にとっても意義ある事だと言えるでしょう。Back Marketなら、新品同様のコンディションを誇るスマートフォンを定価の最大70%オフで手にすることが出来るのです。

iPhone 13とiPhone 13 Proの違いとは?

iPhone 13 Proは少しお安いiPhone 13の、上位互換バージョンとなっています。 解像度とカメラに関してその機能はほぼ同等です。 しかし13 Proには、さらに望遠レンズが追加され、RAMが通常iPhone 13は4GBのところ、Proでは6GBとなっています。

よりプロフェッショナルな写真を撮影したい人には、iPhone 13 ProもしくはiPhone 12 Proをお勧めします。

iPhone 13 Proは待つべき?

最新のiPhone、気になっても金額面から買うの待つべきか迷いますよね... また来年、次のモデルが出て型落ちになるまで待つのもありですし、すぐ欲しいのであれば、中古モデルの掘り出し物を探すのもおすすめです。

iPhone 13 Proの発売日は?

2021年9月に通常版モデルiPhone 13、上位モデルのPro Maxやひとまわり小さなiPhone 13 miniの4モデルと同時に発表されました。

iPhone 13 Pro何が変わる?

iPhone 12 Proからは性能面でも、デザイン面でも大きな変更はありません。正統後続モデルではあるものの、全体的にはマイナーチェンジなのでiPhone 12シリーズを持っている人にはあまり目新しい変化はありません。容量が1TBまで選べるようになったほか、バッテリーも少し伸びています。iPhone Xシリーズや以前のiPhone 8などを持っているのであれば、数年間の技術進歩を肌で感じられるモデルになっています。